TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying all 7 Item

しょうらいのゆめ (7240) (03-12-04 15:26)

_http://noa03.nobody.jp/  (archive)   作者:ひよりん
TYPE-MOON全般>恋愛 | 短編読切 先生

ひよりん様からの投稿です。
他の作品は許可が下り次第再UPいたします。

未だ誰にも悟られたことはないが、私には目的がある。
そのためにできることは何でもやってきた。
どれだけ世界中をさまよったかもよくおぼえていないわ。
倫理?道徳?そんなものは目的の妨げでしかない。
何人泣こうが、誰が路頭に迷おうが一向に構わない。
私にはやりたいことがあるんだから。

その後 (3323) (03-02-24 05:34)

_http://siwasu12.hp.infoseek.co.jp/  (archive)   作者:ひよりん
月姫&歌月十夜>シリアス | 遠野志貴

投稿に頂きました。
志貴の死期が迫ってきた日の話

――――――――――――――――――――――
「庭に…行きたいな」
ベットに永く沈み込んでいた志貴は翡翠にそう切り出した。
「お庭…でございますか、志貴様」
「ああ…庭に行きたいな。頼めないか、翡翠」
翡翠はタオルを冷水に浸していた手を止め志貴へと振り向くと少し不安げな表情
を浮かべた。
しかし、その不安が志貴に伝わることはなかった。
志貴の光は既に半年前に失われていたのだから…

ななこの逃亡 (4548) (03-02-24 02:20)

ひよりん様よりの投稿 登録するのが遅れました

マスターは私をカレーに漬け込む気なんです。
でもそもそも私はユニコーンと乙女の複合聖典なんですよ。
20億はいるキリスト教徒の皆さんにあがめられる聖遺物の1つなんです。
その概念武装性は世界でも指折りなんです。えっへん。
なんといってもそんじょそこらの死徒さんなんか私の一撃でちょちょいのちょいです。
えーと、マスターの彼氏の使用人風に言うと「あなたを、転生かっこ悪い」です。

放課後 (4346) (03-02-20 15:15)

ひよりん様からの投稿です。

「なあ、有彦。ほんとのとこ一子さんってなんの仕事してるんだ」
「俺に聞くな、本当に分からんのだ。知ろうと思えば分かるかも知れんが」
「まあ、な。でも気にならないか。出かける時間もまちまち、戻ってくる時間もばらばら。そのうえ1週間戻ってこなかったと思えば2週間もぶらぶらしてる」
「よく知ってるな、俺は知らなかったぞ」
「…一子さんも有彦もいない乾家で誰が家事をしてると思ってるんだ」

やくそく (3940) (03-02-19 14:56)

ひよりん様からの投稿ですほのぼの・・・かなぁ

「♪〜〜♪♪」
ああ、志貴が歩いてる。てくてく、てくてく歩いてる。
知ってる。「がっこう」にいくんだ。
いつでも一緒にいたいのにやさしい志貴は「がっこう」にはくるなっていう。
志貴は私のことを「ばかおんなー」とか「常識なしー」とかいっつも怒るけど、
怒った後はちゃんとやさしくあやまってくれる。
そんな志貴も大好き。

ありがとう (4873) (03-02-18 05:58)

_http://noa03.nobody.jp/  (archive)   作者:ひよりん
月姫&歌月十夜>シリアス | 遠野志貴 琥珀

ひよりん様からの投稿です。 少し切ないかな?

「はいはい、秋葉様。どうなさったのですか、
御用でしたらいつもの呼び鈴でよろしかったのに」
そう呼びかけつつ、扉を開けると秋葉ではなく、志貴が所在なさげに立っていた。
ばたん!問答無用で思わず扉を閉めると大慌てで手櫛で髪をととのえながら、上ずった声で
「し、し、し、志貴さん。どうしたんですか、こんな夜更けに」
「あの…さ、どうしても琥珀さんと二人で話がしたくてね。少しいいかな」

果たし合い (4413) (03-02-17 04:44)

_http://noa03.nobody.jp/  (archive)   作者:ひよりん
月姫&歌月十夜>ギャグ | 月姫全般

ひよりん様からの投稿作品です。

志貴を中心に10人もの特殊能力者が集っていた。
まさに、女殺しの魔眼炸裂であり、青子の怒りはひそかに頂点に達していた。
もちろん志貴がそんなことに気づくはずもなく事態は悪化の一途をたどるのであるが…
「よく来たわね志貴。逃げ出すものと思っていたわ」