TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying all 9 Item

セイバーのアーサー王伝説講義 (16496) (08-10-04 10:23)

知ってるようで知られていない「アーサー王伝説」をセイバーが解説していく講義風SS

01「伝説の背景」        02「聖剣ではありません」 03「最初の剣はカラドボルグ?」
04「誕生! エクスカリバー!!!」 05「鞘とその他の装備品」 06「その人。アーサー」
番外編:あの頃の食事風景
07「アーサー王の死」 を追加

他、二次創作「Fate/黄金の従者」
アイコン+テキスト川柳SS「型月川柳ごーしちGO!」など

遠き理想郷で (9645) (06-03-09 14:00)

居間にやってきたセイバーは、思ってもみなかった3人のストレンジャーを目にし、絶句してしまっている。
 だが、対してそんな彼女を目にし、男たちが色めきたった。
「「「――――王!!」」」
 ………………なんでさ?
(本分より抜粋)

 ちょっとオリキャラっぽいのが出ますので、そういうの苦手な方はご注意を。

騎士の誓い (6698) (05-01-02 14:00)

_http://syamogari.fc2web.com/  (archive)   作者:軍鶏
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 ベディヴィエール

「契約する。我が死後を預けよう」
その願いがなんだったのか、今はもう覚えていない。
しかし、そのときそれは、自分の命よりも大切な願いで、
最期まで彼の王の国を守りたいと願い続けていた。

サー・ベディヴィエールのSSです。
御時間ございましたらご足労をお願いします。

サイト移転しました
一括変更をしようとしたらエラーが出ました^^;

Chivalry〜騎士の話〜 (1380) (05-01-02 14:00)

_http://syamogari.fc2web.com/  (archive)   作者:軍鶏
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 ベディヴィエール

国が滅びる少し前の話。
まだ平和と呼べた時の話。


ベディヴィエールのお話です。
なかなか短めです。
アーサー王の話を知らないと少し解りづらいかもしれません。

サイト移転しました
一括変更をしようとしたらエラーが出ました^^;

le mont Saint-Michel  〜最後の冒険〜 (1478) (05-01-02 14:00)

平和になる少し前の話。
平和を手に入れる途中の話。
アーサー王のお話です。
ローマ遠征の道中、巨人に襲われている村に出会う。
強国との戦争の前、戦力を割く余裕など無い。
王として、国の為に小さな村を犠牲にするのか?
それとも騎士として、目の前の人を助けるのか?

という内容です。多分

サイト移転しました
一括変更をしようとしたらエラーが出ました^^;

尊い、或る一つの幻想 (1975) (04-07-14 15:18)

投稿SSです、投稿報告書庫→投稿SSの部屋と進んでください。

べディ君の話。
マテリアルには、「最後まで女の子と気づきませんでしたとサー」とあったので最後まで少年で。
王を演じた少年とその騎士の想い。

『金色の誇り』 (1441) (04-04-10 18:13)

_http://www.geocities.jp/sfmww962/  (archive)  (geolog) 作者:10=8 01
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 ベディヴィエール

「べディヴィエールよ……王は、感情など無くて当然なのだ。そのことに、そなたが憤りを覚える必要は無い」

 私は王の言葉を否定したかった。だが、王の言葉故に否定できなかった。その湧き上がった感情は、私の中で抑え切れない程に暴れ狂う。王は―――感情など無くて当然。では。彼は―――人としての彼は感情など無くて当然だというのか。


べディヴィエール系なSS
それ以外に説明のしようが無いSSです。

月に啼く獅子 (2927) (04-03-17 16:14)

_http://www.marumoti.is-mine.net/main.html  (archive)   作者:名無し
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 セイバー ベディヴィエール

とある夜。
セイバーは囁く予感に誘われてそっと家を出る。
空には在るのはあの頃とは貌を変えた星空、そして変わらぬ儘の月と――

閃くは月光を返して輝く白刃であった。


名無し様より頂いた、『Global My Document』初の投稿作品です。
是非、ご堪能ください。