TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying all 23 Item

語られなかった戦いシリーズ?〜紅き贋作者と黒き狂戦士〜 (8938) (08-02-19 08:52)

セイバールート中盤、アインツベルン城にて。

己がマスターより時間稼ぎを命じられたアーチャーは、最強を誇るバーサーカーへ単身で挑む。

失ったはずの想いと、己の全てを懸けて―――。

語られなかった戦いシリーズ第2弾。
ランサーVSギルに続き、今回はアーチャーVSバーサーカーとなります。
アニメ14話をベースとして色々弄りました。よろしければ御覧下さい。

アインツベルン奮闘記 (25162) (07-08-25 17:03)

イリヤがうっかり間違えて召喚してしまった、へたれ少女「バサ子」。
「バサカルバサカル狂化したまえーっ」の呪文でヘラクレス化したり、冬木の住民の中からお兄ちゃんを探したりする聖杯戦争。

アインツベルン城に監禁したシロウを追って来るセイバーたち。
最後の戦いが始まる。

「SINJI」 (後編) (4265) (06-11-17 14:07)

これにて彼の物語は終焉を迎える。
理想を越えた先に彼が求めたものはなんだったのか・・・。

立ち塞がるは憎むべき最愛の妹。
そして復讐すべき理想の友。

ならば今こそ名乗ろう、我が名はSINJI。
マキリの魔術師『SINJI』!!

儚夢 (26795) (06-08-12 09:49)

「……それは、私としては遠慮したいな。ばらばらにされてはたまったものではないのでね」

低く落ち着いた声色で呟いて、男はゆっくりと眼を開く。

皮肉げな態度にふてぶてしい笑みを重ね、意地の悪い瞳で眼前の少女を静かに睨みつけて――男は静かに吐息を吐いた。


アインツベルンの城の中。荘厳な冷たさが支配するそのホールで彼はひとり、立ち尽くしていた・・・

セイバールートの1シーン。アーチャーvsバーサーカー。

以前書いたものをベースに加筆しました。

赤い騎士:75 (393455) (06-08-04 21:27)

「壊れた銃身」

元々正面から戦える相手では無かった。
勝てる相手では無かった。
それでも戦った。

だから壊れた。
もう、弾丸は撃てない…

----------------------------------------
弓兵VS狂戦士のバトルものです。得た
苦手な方は気をつけてください。

夢物語一式=2章= (5613) (05-11-15 11:22)

永遠のアセリアとFateのクロスオーバー。原作を悉く無視していますのでそういうのが苦手な方はお気をつけください。今回は『舌打ち』表現が多し。

更新スピードを非常に遅いです。

本文より
《「さて、どうする?聖賢」

「そうね。私達が手伝ってあげてもいいわよ。エターナル」

突然の声により反射的に後ろを振り向いた。そこには赤い女性とアーチャー、イリヤにお兄ちゃんと呼ばれていた男とセイバーが立っていた―――》

penalty life (19389) (05-07-14 21:15)

FateルートのアーチャーVSバーサーカーから生まれるオリジナルルートの入り口となる作品―――でしたが、何故かアーチャー激強バランスおかしくねぇ?作品になってしまいました。
それでもよろしければ楽しんでくださいませませ。

狂戦士の夜 (111202) (05-02-27 01:23)

Fate漫画「狂戦士の夜」
バーサーカーが中心のようなそうじゃないような(汗)
士郎のもとにおとずれたバーサーカー。その目的とは?
そしてイリヤは?士郎達の運命は?
他のキャラたちも巻き込んで大騒動っ!!
本編は115話で完結しました
「狂戦士の夜」のおまけ漫画
「おまけの夜」は29夜で完結しました

うたかたのオモイ (2044) (04-08-28 07:34)

アインツベルンと名乗っていた頃、憎めと言われ続けた男の家には、私が好きだったママの体温に近い、いや、そっくりの温もりに満ちていた。
 降り始めの雪を見てイリヤが思う過去、現在、そして……未来。

 『うたかたの年月』の続編です。今回は十年前のアインツベルン邸でのお話です。各章ごとに掲載していこうと思っておりますので、ちまちまと維新する……はずです。只今、二章まで公開しております。

幕間・英雄と英霊の戦い (5055) (04-06-07 12:28)

_http://www.geocities.jp/beniimodannsyaku/  (archive)  (geolog) 作者:憂目
Fate/stay night>バトル | 短編読切 アーチャー バーサーカー

セイバールートのアーチャーVSバーサーカーの場面を
描いた短編SS。
 ヤマなしオチなし意味なしです。
 リハリビリ兼ねてのものですので、凄まじくお暇な時に
以外はお読みにならないほうが良いかも(汗)

森と獣と少女と…… (1110) (04-06-01 12:18)

_http://www.geocities.jp/milkbar_life/  (archive)  (geolog) 作者:マール
Fate/stay night>バトル | イリヤ ランサー バーサーカー

郊外にある深い森。
この閉ざされた静寂の森に硬い物がぶつかり合う音、何かが破壊される音が響く。
この閉ざされた世界にもっとも相応しい音が――

マールさんからの頂き物です。
パワーバランスとかキャラの口調とか色々とツッコミどころが満載でしょうからどんどん突っ込んでください、とおっしゃっているので、皆様是非突っ込んであげてください。

黒影森林・3 (40620) (04-04-17 14:46)

_http://coop-albatross.info/tmssarc/  (archive)   作者:ハウス
Fate/stay night>バトル | 18禁 バーサーカー 独自キャラ

本編再構成でキャスタールートっぽくハーレムルート。ただし百合。
18禁描写あり。むしろ積極的にエロを目指して暴走中。
しかも主人公が独自キャラ(衛宮白兎・性別女・童顔メガネっ娘)だったりするチャレンジブルな設定。
今回はバトルだけとか。

現在17話目で物語の時間は2月2日(原作の三日目)やっと終了。
感想掲示板の某スレで叩かれまくっている、オリキャラ最強主人公物かもしれませんぜ、ダンナ<ォ

全てを懸けて (7836) (04-03-29 05:27)

Fate/stay nightのセイバールート十一日目のアーチャーVSバーサーカーの補完SS。
視点は基本的にアーチャーで、ジャンルは一応バトル物に仕上がっているかと。
個人的に熱い漢No.1アーチャーの燃え路線を突っ走ってます(マテ

「あの」アーチャーvsバーサーカー (6027) (04-02-23 19:26)

_http://coop-albatross.info/tmssarc/  (archive)   作者:
Fate/stay night>ギャグ | 短編読切 イリヤ アーチャー バーサーカー

個有結界の限界ぃ・改 の同列世界?のお話なので
そちらを先に読んだほうが楽しめます
セイバールートのネタばれありますから注意

ー本文より抜擢ー
伏目でアーチャーを見る遠坂。
アーチャーはバーサーカーを見据えたまま、
「ああ。時間を稼ぐのはいいが― 別に、アレを食わしてしまっても構わんのだろう?」
そんな、トンデモナイ事を口にした。
アレって何だ?

守るべき君 (6345) (04-02-21 14:22)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/9757/  (archive)  (geolog) 作者:山口 遼
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 遠坂凛 アーチャー バーサーカー

 アーチャーというサーヴァント。遠坂凛というマスター。
 二人の関係とアーチャーの話。サーヴァントとして、凛を守ろうとした男の最期。
(以下、本文より)

 信じていたものに裏切られた。……そこに残ったのは後悔ではなく、充実。誰かを救った。そう思い込むことで、辛うじて自分を保っている。―――そんな錯覚を、いつから覚えてしまったのだろう。
 自分を保つ。なんという愚昧。なんという痴愚。その現実から目を逸らし、ただそう信じていたかっただけの、倣岸。どうして気がつかなかった。保つべき自分など、とうの昔に死んでいる。そう、あの灼熱の広場で、心は死んだ。
 ……それが、赤い騎士の描いた追憶だった。

誰がための強さ (2300) (04-02-12 15:30)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/9757/  (archive)  (geolog) 作者:山口 遼
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 イリヤ バーサーカー

なぜか今までなかった、イリヤとバーサーカーの話です。
バーサーカーが召喚されてから、彼が何を思ったのか。イリヤは何を思っていたのか。
本編の感動的な最期に水を差さないように、渾身で書きました。久しぶりに書き上げた感じのするシリアス短編です。ほのぼの連載ではありませんが、シリアスな話を読みたいという方に。
(以下本文より)

 ―――イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。
 ドイツの山奥で生を受けた少女の、それが名前である。
   ***
 所詮は力しかない愚鈍の王。ならば、力だけでは誰にも負けぬ。それが、彼を支える誓いの槍。
 ―――ゆえに最強。敗北を知らず、守るものをその背に負う。