TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 47 in total

二つのタマシイ (7799) (10-08-01 04:32)

《……おいおい、なんだよそれ! オレの中に入ってきていいのは七夜志貴だけなんだよ!》

ハルオの身体の中にロアのタマシイが入り込み、ギャーギャー罵り合いながらもハルオは遠野四季として屋敷に戻る為に、ロアはアルクを超える為に、悪戦苦闘するシリアスパロディーなお話の続編です

BLOOD HUNTER/SWORD OF MAGICIAN 第四話 (19238) (05-03-03 06:11)

懐かしい夢を見たセイバー。そして、懐かしい夢の中で約束を交えた少女と再開を果たす。
そして、士郎と凛の前に、新たな敵が立ちふさがっていた―――

UBW後の話です。丸餅さんのHPに投稿させていただきました。
感想などあればBBS等でずばずばとお願いいたします。^^;

白昼夢/シキとメイド(妹)の場合 (7347) (05-02-06 06:58)

気づけばそこに俺はいた。
何というか死んだはずなんだが俺は。

どうやらココは死んだ俺が現象として、もしくは誰かの夢として存在できると言う何ともまぁ都合のいいというか何ともはた迷惑な空間らしい。

まー、他にすることもない訳で成仏するあてがあるでも無し。

少しココで「あいつ等」の愚痴を聞いてやるのも悪くないかもしれない。

白昼夢/シキとメイド(妹)の場合

短編連作でただいま連載中

幻影の夜 序-壱話/殺害-願望 (7562) (04-12-12 17:15)

月姫の再構成モノです。世界観を残しながら、本編のどれとも違うストーリーになるよう心がけようかと(^^
 以下、本文抜粋。

それを聞いて、■■は、心のうちを見透かされたような思いだった。だから、そこは快く引き受けた。
■■「仕方ない。その時はお前の首、この俺が戴くぞ」

Fate / Noble Blade 「No Quarter」 (40947) (04-11-21 03:39)

学校編その二。
ランサー&バゼットVS四季っち in 土俵際

予定がどんどんずれ込んでいっています。もう少しシナリオ進む予定だったのですが。

次の更新は、お待たせしました魔術師の遺産の方となります。

復讐月夜 an epilogue:夜が明けて―― (15908) (04-10-26 10:18)

_http://www3.plala.or.jp/bluefox/  (archive)   作者:みあ
月姫&歌月十夜>バトル | 長編完結 月姫全般 シキ

あの男が帰ってきた!

メルティブラッド-Re.ACT-にひとり参戦を果たせなかった遠野四季。
彼がメルブラに参戦していたら、というIF物語(アーケードモード推奨)。
濃厚かつ濃密なバトルが展開される純正バトルSS。四季は生き残ることができるのか!?

――白い夏の夜。殺人鬼は再び街に降り立つ。

(10/26更新)
そこは遠い日の箱庭。あの頃のまま、はしゃぎまわる子供たちの姿……。
訪れる再会と別れ。伝えたいこと。夜が明けて、いつもと変わらない日々が始まる。
本編の後日談に当たるエピソード。これにて完結です。ありがとうございました。

夕立 (3874) (04-09-04 16:03)

_http://www.geocities.jp/inocent_gun/index1.html  (archive)  (geolog) 作者:鹿島 凛
月姫&歌月十夜>シリアス | 短編読切 遠野家 遠野秋葉 琥珀 シキ

浴衣祭り投稿第4段

−抜粋−
「秋葉様、志貴さんから伝言を言付かっていたのをついうっかり忘れていました。」
「伝言?」
「ええ、今夜は花火大会があるからみんなで見に行こう…と。
ついでに、屋台めぐりもしたいから、18時に屋敷の門の前で待ち合わせようと…」
「そう…。兄さんが…」
逸る気持ちを抑えるように冷静に呟いてみたけれど…。
縁日なんて何年ぶりだろう…。

悪夢の夜に (2308) (04-08-07 07:31)

_http://www.geocities.jp/beniimodannsyaku/  (archive)  (geolog) 作者:憂目
月姫&歌月十夜>バトル | 短編読切 シエル先輩 シキ

虚言の夜の舞台。
その壇上で、シエルは己の過去と対峙する。
かつて滅ぼした死徒たち。
蘇り、無限と錯覚するほどの死に損ない達との戦いの中。
シエルは『彼』と出会う。
同じ悪夢を見るもの同士、彼女と彼は互いに一つの悪夢と対峙する。

『アカシャ』の魔女は二人を慈しむように嗤った。

*久々のSS更新。今回はReAct物です。駄文ですが、お暇なときにでもどうぞ。感想など頂ければ、次への活力になりますので、少しでもあれば、掲示板にお願いいたします。

*リンクミスがありましたので、サイド修正いたしました。
ご来場くださった皆様、真に申し訳ございませんでした。

泡沫なりしその願い (2469) (04-07-15 15:31)

秋葉ルート。トゥルーエンド直後の志貴のSSです。

遠野よりになった秋葉を救う為、自らの命を絶った志貴。
目を醒ますとそこは、見渡す限り闇しか存在しない空間。
見慣れた情感を拭えないそこが、自身と深く関わりのある場所。
”死”に近い場所だと理解する。
秋葉を救った事で未練は無いと静かに死を受け入れようとする志貴。
しかし、彼の前に死んだはずの四季が現れ……。

泥団子の天球儀   全四話 完結 (9003) (04-03-18 17:51)

_http://www.d9.dion.ne.jp/~hky123/  (archive)   作者:紅夢
月姫&歌月十夜>シリアス | 長編完結 翡翠 シキ

再構成嫌いの作者が書いた再構成SS。
 主人公は四季です。

 条件は二つ。
 遠野槙久と七夜黄理は過去に出会わず。
 ロアは四季ではなく別の人間に転生する。

 01/春 八年前
 02/夏 三年前
 03/秋 月姫
 04/冬 二月後

本日は晴天なり。 (1584) (04-03-11 09:13)

リク12弾なのですが…
なんか難しかったです。

リハビリ感覚なので許してやってくださいませ。
ちなみに俺の中ではさっちんの地はこんな感じです。

本文抜粋
ハロー。ハロー。聞こえてますか?

こちら下界です。そちらのお天気をお知らせください。

月姫四コマ(12)『妹伝説』 (18880) (04-02-11 11:23)

今回はシキの四コマ

四コマはらくがき(絵)のコーナーにぽつんと存在してますよ。

らくがきですんで画力にはあまり期待しないでください(泣

現在、月姫四コマが十二あります(ほぼ毎日更新予定)

生暖かい目で見守ってくださいな。

たそがれ姫とやさぐれ騎士 中篇 (2226) (03-12-09 14:06)

夜の続く世界
全ての記憶が集い
全ての記憶が奪われる場所
そこに堕ちた『彼』が出会ったのは
ぶっきらぼうな『看守』と―――――――――
いつか彼が殺した女だった。

中篇
憂目さんからの頂き物です。
是非、お読みになった後に感想を御願いします

先程来てくださった方、すみません
私の更新ミスにより見ることができませんでした。

四季の町内探索 (2060) (03-11-27 12:55)

_http://pesu02.fc2web.com  (archive)   作者:ペースケ
月姫&歌月十夜>ギャグ | シキ

リクエスト第5弾。
掲示板の2400ヒットってすごく微妙な感じ。

ある日開いていた座敷牢の鍵。
外に出る事が出来るようになった四季は秋葉に会うことが出来るのか?

なんだかんだで今までで一番長い作品になってます。

「ぷらいべーと・―――ん?」 (3409) (03-08-10 07:10)

_http://siwasu12.hp.infoseek.co.jp/  (archive)   作者:門山 真理州
月姫&歌月十夜>ギャグ | 遠野志貴 琥珀 シキ

 琥珀さんや有彦と一緒になって目の前の銃座の下の壁まで走る途中、四季に聞
いてみる。
 なんかこの機会を逃すと四季との会話が出来ないっぽかったから。

「ノルマンディ上陸作戦?」
「おまえ一等兵な」
「有彦と琥珀さんは?」
「琥珀が衛生兵。で、ヤツはお前と同じ一等兵」
「で、おまえは?」
「・・・・・・・・・・・・・・軍曹」

 四季がオレより偉い・・・。

堕ちた恋に惚れた蒼香(全5話) (4277) (03-08-05 01:20)

_http://freett.com/ozbook/  (archive)   作者:oz
月姫&歌月十夜>シリアス | 琥珀 月姫蒼香 シキ

全5回です
最後、ちょっぴりダークで、大体がシリアスです
登録はシリアスになってますね(汗
作者が泣きながら作った最終話もあります(えー
…実は、登場人物に、まぢ(じ)かるアッパーを入れようとしてました(滝汗
SSは、「裏SSの世界へ」の所に
ありますので、ご注意を!

セレナーデ (2822) (03-06-28 15:04)

俺は離れに戻ってもすぐには寝付けなかった。
琥珀との会話で昔の事を遠野家へ復讐のみを願っていたことを思い出していた。
志貴に逆恨みし、秋葉を傷つけて、琥珀を毎晩のように犯し続けていたときの事―――
「なぁ、琥珀。お前は俺を許してくれているのか?」 

四季×琥珀。少しパラレル入ったシリアス短編。
エクスィ様からのお預かり小説です。