TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 42 in total

虚言の王・虚空の月 (51002) (10-07-20 14:30)

死神が黒色の草原を駆ける気配だけが、じりじりと黒騎士を圧迫していく。
 しかし黒騎士は揺るがない。カチカチと震える魔剣を押さえつけ、ゆっくりと刀身を鞘に納めた。
 目を瞑り柄を握り込むと迎え撃つように足を開く。
 じり、甲冑を纏った足がしっかりと地を踏み締めた。
「畏れることはない。二ア・ダーク」
 確かに、不死の存在であるはずの『真性悪魔』にさえ死を見出す『直死の魔眼』は、この魔剣にとって唯一ともいえる脅威である。
「だが、お前は負けはしない。何故ならお前を操るのがこの私だからだ」

【第二部 聖杯戦争】
26.ワルプルギスの夜 Ⅲ 更新、27.英雄足り得る条件とはⅠ、28.英雄足り得る条件とはⅡ
進むに連れて独自設定が増えていきますが、理解の程よろしくお願いします。
 ※ リンクは第二部最後まで張られていますが、正式公開分は28までです。

黒姫さんの聖杯戦争道中記 (166018) (08-06-14 16:13)

第五次聖杯戦争に何故かアルトルージュが
白レンとオリジナルサーヴァント・シールダーを連れて
乱入するお話。

ギャグだったりシリアスだったりバトルだったり。
最近なんかシリアス気味。

現在、遭遇編?終了。

結婚協奏曲 (57475) (07-02-28 13:16)

アルクェイドグッドエンドから連なる、彼女と遠野志貴との結婚までを追う物語。
 ――第四章「黒き森」第3話up
  シュヴァルツヴァルトの深奥。人喰らう、蠢く魔の森の中に集う者たち。
 森よりもなお恐るべき魔たちの思惑が、血と矜持と共に絡み合う――


「そう……」
 少女の口元から、小さなため息が飛び出した。
「シエル……だったかしらね、代行者。日本で会った時はもう少し物分りが良い娘だと思っていたけれど。自分が何を言っているのか分かっているのかしら」
「死徒を目の前にして、見逃す代行者などありえません。それがたとえ貴女であっても」

Fate/stay night 〜吸血姫の恋人〜(改訂版) 復讐騎編:第二話(一部TSアリ) (80525) (07-01-27 17:16)

――作者注意――
この作品には独自キャラ、独自設定、一部キャラの性転換などがございますのでそういったのが嫌いな方は読まない事をお勧めします。

以下、本文より抜粋

「随分と磨耗したわね?」

何時だったか彼女の主である黒い少女がそう言った、それの何がいけないのですかとたずね返した彼女に黒い少女はひどく複雑な笑みを浮かべていた。

『戦闘狂』、その言葉こそこの黒衣の黒騎士に相応しい言葉であった。

永月譚〜月姫〜 (50493) (07-01-12 13:18)

オリ七夜とアルトルージュをメインに据えた月姫の外伝にあたるお話です。
主人公は最強ではありませんが、相当強くはするつもりなので独自キャラが強いのを嫌う方はご注意下さい。

死ぬほどマッタリ更新で申し訳ない。
第一章・第一話、更新しました。

黒の姫の何気ない一日 (11659) (06-10-30 22:09)

日本での暮らしにもすっかり慣れた『黒の姫』ことアルトルージュ。
今日は親友のレンは猫の集会でお出かけ中。さて、どうやって過ごそうか・・・?
『朧月夜』シリーズ久々の新作にて、アルトルージュの何気ない一日を追う。

Fate/Goddes shield (15715) (06-07-13 15:24)

_http://yamikaze.yu-nagi.com/Fate/Fate_top.htm  (archive)   作者:yamikaze
Fate/stay night>バトル | 長編連載中 Fate全般 アルトルージュ 独自キャラ

時は第五回聖杯戦争。死徒に育てられた主人公―霧夜エンが聖杯戦争に参加する。
 本編再構成もので、独自キャラが主人公になっているのでそういうのを許容できるかた、是非ご一読ください。

現在 ? 境界姫 まで公開中

姫×姫〜the comedy of princesses〜 (37328) (06-06-11 00:06)

アルクェイドは今日も今日とて志貴にLOVELOVE
周りの事はお構いなしに、「壊れて」しまった彼女は我が道を逝く!

そんなアルクェイドを心配?したのはとある二人組。
クールビューティーだった頃の姫君を想う少年と
姫君の姉である少女
彼らは海を渡りアルクェイドに会い(愛)に来た!

彼ら、彼女らが繰り広げるドタバタコメディまったりと始動。

姫×姫〜the comedy of princesses〜 その5

sacred purple 最終話 『連鎖の終わり』 (82144) (05-10-24 05:29)

月姫本編、再構成物。
青と赤、先生と師の流れを組む『紫』の魔術師、遠野志貴のお話。


最終話更新。
そして、一連の事件の最後の決戦。
白の姫君と黒の姫君、『アカシャの蛇』と……『神聖なる紫』

後日談もセットでお楽しみください。

?妄想?月姫2〜黒騎士と殺人貴〜 (12073) (05-08-13 19:33)

作者の妄想全開な月姫2のワンシーン。
黒騎士リィゾと殺人貴のバトルを描いてみました。
妄想なんで無茶苦茶です。
こんなの志貴じゃない!とか
こんなのリィゾじゃない!!とか
こんなのアルトたんじゃない!!!!
とか言われても何もいえませんですはい。

そこんとこ注意して見てください。

A/P (19188) (05-07-24 13:09)

黒の姫君アルトルージュ。
 死徒を束ねる彼女は、その立場ゆえ仕事と悩みが尽きる事はない。
 時には彼女の予想を超える訪問者によって、とんでもないトラブルがもたらされる事もあるわけで――

 そのよん。「AFC」up!

 アルトルージュ様の知らない所で蠢く陰謀。翻弄されるお姫様。そんな話です。
 ……間違ってないはず、多分。

君想ヒシ夜半 (13187) (04-11-08 19:20)

月の光降り注ぐ夜半。
 柔らかなまどろみから目を覚ましたアルトルージュに、爽やかに声を掛けるアルクェイド。
「おっはよー、姉さん!」
 普段と変わらぬはずのやり取り。しかしその様子はどこかおかしかった…

 「硝子の月」一周年企画「百合の咲く丘で」用書下ろしです。
 「結婚協奏曲」の挿話。ある夜の二人、奔放な妹と悩み多き姉の秘め事です。
 TOPのコンテンツボタン隣の画像をクリックしてください。そちらが祭会場となっております。

闇月夜 (14894) (04-07-17 21:29)

19/庭園

一週間よけいに開きましたが今回をもって完結。
にはあと少し。

メレムによって今一度死に落とされたさつき。それでも生きたいという願望はそれを振り払い、その貪欲さを形となす。
MELTY BLOOD とパラレルであろう talk. とのつながりを補完する物語。
殺人貴はそこにはいない。故にこそ、その代役が必要なのだ。

黒き姫君〜世界で最も危険な喧嘩〜 (36663) (04-07-04 08:27)

アルトルージュ×志貴です。
二人で温泉に入っていた所にアルクェイドが乱入
シエルも含んで3つ巴の戦闘状態に突入する
アルトルージュと志貴のラブラブぶりもご覧ください

7月4日裏ページに18禁バージョン追加

姉妹未満 (3570) (04-04-06 05:59)

「硝子の月」10万HIT記念企画、「狂詩曲」参加作品。

 月の王が死してより幾百年。新たに生まれた王の話を聞き、黒の姫君が千年城へと向かう。
 胸に浮かぶ感情は何なのか、自分に問いかけながら。

 「硝子の月」での連載作品「結婚協奏曲」の設定を使って書いていただいた創作品です。アルトルージュが抱く妹への思い、ご堪能くださいませ。

変奏曲 (10439) (04-04-04 20:16)

結婚協奏曲の外伝、および挿話。一話完結のちょっとしたエピソード群です。
 ・最新話 「黒き剣」UP

 アルトルージュの城にて主の帰りを待つ黒の騎士、リィゾ=バール・シュトラウト。
 その剣を振るう中、目に映る月を見て想う。
 自らを変えた者の事を。
 そして、自らを変えてくれた者の事を。

 10万HIT記念企画「狂詩曲」として、そちらの会場にアップいたしました。
 語られることのない寡黙な騎士の過去。こういう可能性もある、そう見ていただけると嬉しいです。

勝利で得る物 (10647) (04-04-01 01:56)

「硝子の月」10万HIT記念企画、「狂詩曲」参加作品。

「お兄ちゃんを取り戻せ!」
 憎き遠野家にさらわれた志貴を取り戻すべく、決死の潜入を試みる都古。
 しかしそこに立ちはだかったのは、乗り越えるにはあまりにも大きな壁であった……

 「硝子の月」での連載作品「結婚協奏曲」の設定を使って書いていただいた創作品です。本編を補完する微笑ましいエピソード、お楽しみください。

パプルズ 2nd (4158) (03-12-23 14:17)

「どうやら、貴方は私の弟のようです」

 アングィヌム・ブリュンスタッドこと遠野紫氣と、
 シュライン・エルトナム・アトラシアは真実の地平の上で相克する。

 紫氣とシュラインが出会う『パプルズ』、
 メレムとアルトルージュが出てくる『ヴァンパイア カーニバル』、
 アルクェイドとシオンが邂逅する『はかまいり』に続く続編です。


『三次創作はつまらなくて当たり前』
 その考えには同意します。
 しかしこのSSこそが『当然』に入りきれない例外で、読めば確実に考えが変わります。
 代筆の紅夢からでした。