TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 34 in total

ヒトが奏でる混沌の宴 (13381) (06-11-03 13:06)

このお話はFate×月姫×オリキャラのクロスオーバーものです。
現在1話をUP.

本文より抜粋
────それは誰もが幸せな夢だった。

 金髪の女の子が子供たちと元気よくサッカーをしていた。
 ■が■■■■と一緒にプールに遊びに行っていた。
 銀髪の女の子の城で■と女の子とで晩餐会を楽しんでいた。

拙い文章ですがどうぞよろしくおねがいします。
管理人自己解釈などそういう要素が多々ありますのでそういうものが苦手な方はご遠慮下さい。注意書きをお読みいただいた後、ご覧頂くよう御願いします。

赤い刃 (6639) (05-08-17 13:33)

翡翠トゥルーエンド、その後の話。
 秋葉も琥珀もいない悲しみを背負いつつも、二人は今を生きていた。そんな二人の前に現れる一人の少年――『命を否定する』東条文也。似ているが故に彼と心を通わせていくが、彼には背負ったある目的があった。
 本編では語られなかったあの人はあの時とかを自分なりに考察して作っています。文也との出会い、そしてそれが志貴と翡翠に何をもたらすか・・・是非ご覧ください。


更新履歴 1邂逅 2異形 3屋敷 4三夜 5過去 6死徒 7血刃
8仲間 9襲来 10昏迷 11混沌 12双心 13灰塵 14新夜 15槇久 16暗闇

君も今日から魔法少女! その17(完結) (24476) (05-03-20 10:25)

_http://cgi-games.com/esupi2/  (archive)   作者:SPII
月姫&歌月十夜>ギャグ | 遠野家 琥珀 ななこ ネロ・カオス

「……えと、あの、それでつかぬ事を伺うんですが」
「なに?」
「いつ頃から気がつかれていたんです?」
「んー……琥珀さんが『わたしの愛……』とか呟いてた頃かな」
「うああ」
滅茶苦茶全部聞かれるぢゃないですかっ!
「どうしてもっと早く起きてくれなかったんですかっ!」
「い、いや、意識はあったんだけど体が動かなくてさ。ホント、マジで」
「……っ!」
ああもうあんな告白やっぱりするんじゃありませんでしたっ!

霧の聖杯 (40136) (04-12-29 13:37)

佐藤雅浩様から頂いた当HP初の投稿作品です。

白騎士、時計塔、倫敦。そして、聖杯戦争。
夜光草とは、また違った趣のある文章で綴られた新たなる聖杯戦争の物語。
先の読めないFateのアフターストーリー。必見です。

第39、40章を頂きました。

月姫・猫アルクルート後編 (12720) (04-12-07 14:48)

今回で猫アルクルートは本当に終了。今度こそ本当ですw

アルクェイドルートに進むはずが、なぜか現れたのは猫アルク。
猫アルクをお供に、しっちゃかめっちゃかなお話に進みます。

志貴がちょいと壊れます。壊れがおきらいな方はご遠慮ください。

>「出でよ!我が眷属たちぃ!」
猫アルクがさけぶと、突然そこらじゅうの草むらや今までなかった井戸、そして空から猫アルクそっくり…というより、全く同じやつらが湧いてでてきた!
 本文より抜粋。

最果てより世界におくる、この物語を (11688) (04-11-04 07:19)

いわゆる弓塚さつきシナリオの妄想モノです。
弓塚さつきとネロ・カオスが出会ったことから始まる一つの可能性。
アルクェイドシナリオからの分岐ということになりますが、『こういうのも有りか』くらいに思ってもらえると幸いです。

(見直しと修正を行って最終版を上げました。全7話約100KBのちょっと長めなSSです)

頭が『混沌』ギルガメッシュ (7980) (04-06-29 05:49)

あまりにもセンスがないと、複数の方に言われので(トホホ)タイトル変更
元「混沌と闇の果てにあるもの」なので、既読の方は注意、ご迷惑おかけしまう
ガクガク動物ランドに入園したギル様と飼育員のネロの絆をモチーフとした、ハートウォーミングな話・・・・・・では無いことだけは確か
クロスオーバー言うとゲームオーバーなお話です

「ようこそ我が肉体へ、今ならお得なキャンペーンとしてガクガク動物ランペア割り引き券もプレゼント」
「・・・いらん」
「時給も出そう!なんと700円」
「我はマックでバイトする高校生か!?」

ネロ・カオスの安堵の日 (3644) (03-12-28 03:54)

_http://www.geocities.jp/toukairins_room/  (archive)  (geolog) 作者:東海林司
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 ネロ・カオス

アルクェイドを追いかけて日本へ来たネロ・カオス。

これは彼が志貴に倒される日までにあった一日の出来事。

こんなネロが居てもいいんじゃないかと思って書きましたw

感想とかいただけると嬉しいです☆

金曜日のメイドたちへ (3497) (03-08-24 17:22)

夕飯を作ろうとしたが食材が足りないことに気がつく琥珀さん。
仕方なく買い物に出かけたのだが……?

注:金曜日は関係ありません

ホントに作者は琥珀さん好きなのか、疑ってしまうSSです。途中のネタとか、今更分かる人いるのかなー?

夜と血脈 (5542) (03-06-15 15:19)

吹き出した血のように生暖かい夏の夜。私は彼と共に在った。

シオン・エルトナム・アトラシアが見たもの。
人が人であるままに化物を殺すモノ。遠野志貴。
人であることを放棄して人を喰らうモノ。ネロ・カオス。
彼らの作り出す、酷く奇妙で、酷く凄まじい闘争。
狭い路地裏に立つ凶相の大男に、志貴は笑いかけて言った。
「さてと、それじゃあもう一度殺しあおうか。ネロ・カオス」

ずいぶんと前に書いた話です。せっかくなので登録しておきます。

とある休日の訪問者 (4236) (03-05-21 15:43)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/1544/index.htm  (archive)  (geolog) 作者:すぺしゃる
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 遠野志貴 ネロ・カオス

久々に壊れギャグ。
今さら第4回投票のネタをひっぱってきてますが(汗


……つまり先に言うとお前は自分の順位がした過ぎる、と?

「うむ」

それを相談しにきた、と?

「うむ」

「やっぱ帰れ」

「うむ」

そう言って足蹴にして玄関へと押しやる。

「って、待たんか!」

ねろ・かおすの『の』は、とおのけの『の』 (3390) (03-04-19 12:17)

_http://siwasu12.hp.infoseek.co.jp/  (archive)   作者:どーが
月姫&歌月十夜>ギャグ | 遠野秋葉 ネロ・カオス

どーがさんより、投稿にいただきました。

―――――――――――――

「寄り道ですって!? そんな破廉恥な!? 学校が終わったらすぐに自宅に帰るのが学生でしょう!」
「秋葉様・・・志貴様は小中学生じゃありませんし、破廉恥でもありません」
「翡翠までそんな事を!? 貴女のその」
「ひょっとしたら、有間家に最後の挨拶をしているのかもしれないし、何か手土産でも購入しているのかもしれないぞ?
 それに、帰宅する時間を指定しなかった秋葉君にも責任があるぞ?」
「それは・・・御免なさい、翡翠」
「(『貴女のその』の後は何が言いたかったんだろう)・・・いえ」

遠き慟哭 (3718) (03-02-09 13:30)

_http://ainebute.hp.infoseek.co.jp/  (archive)   作者:灰猫
月姫&歌月十夜>シリアス | シキ ネロ・カオス

ちゃりん、一番大きなコインを投入しボタンを押す。
3本の缶コーヒーと幾ばくかの釣り銭を取り出し、路肩に座り込んだ。
一本120円の缶コーヒー、それを学校帰りに買って飲むのは遠野四季の習慣だった。

同HP連載SSの外伝的SSです。
全国の四季ファンに捧ぐ一品。

大豪院邪鬼も萌え!! 萌え威震八連制覇!! (4026) (02-11-16 15:57)

月姫キャラで萌えを追求するSS祭り「萌月祭」投稿作品、
40%の60Lさんの作品です〜。
ときは幕末(ウソ)集いたるは、三人の英傑、『アカシャの蛇』ミハエル=ロア=バルダムヨォン。『混沌』 ネロ=カオス。そして『殺人貴』 遠野志貴。
月姫最強最悪のメンツが、『萌え』という概念について激動の議論を飛ばしあう、この不毛な戦いのすえに……真理はあるのか!?

夢一夜 (1624) (02-09-24 11:14)

_http://www2u.biglobe.ne.jp/~gyara/  (archive)   作者:ギャラ
月姫&歌月十夜>シリアス | 短編読切 ネロ・カオス

登場人物はネロ・カオスのみ。
ネロ・カオスを渋く書くことだけに腐心した、カオススキーの
カオススキーによるカオススキーのためのSSです。

タイトルが夏目漱石のパロだという辺り、我ながら方向性を
見失いすぎてる気もしますが。