TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying all 22 Item

橙の境界 (2386) (07-11-18 04:59)

長編小説となっています。
蒼崎橙子がロンドン時代にアラヤやアルバと出会い、ロンドンを二年で去るという設定上の作品です。
第3章、探章;伽藍の洞の更新が終わりました。
 あと、3章の終わりに空の境界に対する詩を書いてあります。

魔術師小話(赤) (2995) (03-05-04 12:12)

_http://www9.plala.or.jp/ntclub/  (archive)   作者:権兵衛党
月姫&歌月十夜>ギャグ | 蒼崎橙子 荒耶宗蓮

権兵衛党さんからいただきました。
アルバSSです。(喜)

 「出かけているにしても近場だろう。中で待つとしよう」
 「…留守中に女の部屋に入るのはどうか、と思うが…」

  一応そう言ったが、妙にどうでもいい事のような気がしていたのも確かだ。

 「アラヤ、確かにアレは『女』に分類される生物ではある。しかし、君は認識の
 上でアレを女性と見ているかね?」

  …聞かれていないと思って、酷いことを言う。
  うむ、私の認識としては蒼崎は…

(587) (03-04-19 14:03)

_http://www2u.biglobe.ne.jp/~gyara/  (archive)   作者:ギャラ
月姫&歌月十夜>シリアス | 短編読切 荒耶宗蓮

TYPE-MOON第四回人気投票に投稿した、荒耶宗蓮応援……だと主張しても霊長の意志に抑止されずに済むといいなぁ風味SSです。
実は橙子さんの一人称ということでどーか一つ。

なお、投稿時から加筆はしていないです。

赤と黒。 (911) (03-04-13 16:12)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:須啓
月姫&歌月十夜>シリアス | 短編読切 荒耶宗蓮

アルバと、荒耶のお話です。
野郎ばかりで、華がないのですが(笑。

――――――――――――――――――――――
「やあ、待たせてしまったね。荒耶。弟子の講義が長引いてね」
しかし、そんなことに構わずアルバは大げさに両手を上げて、目の前の魔術師に詫びた。
―――当然、形だけの事ではあるが。

その形だけの儀礼に答えるように、彫像のように、仏像のように、あるいは死人のように。
ただ、そこにあっただけの魔術師はようやく口を動かし、瞼を開けた。

幻視風景 (2534) (02-11-02 10:54)

_http://hitoro.webdeki-hp.com/  (archive)   作者:hitoro
月姫&歌月十夜>ダーク | 黒桐幹也 巫条霧絵 荒耶宗蓮

―――闇の中に照らし出さるるは3人の人影。

「そうか・・巫条は死したか・・・」

年経た老人が言葉を紡ぐ。

「瑪瑙の娘達は遠野が引き取るとのこと・・・いかがなさいますか?」

青年が言葉を受けた。

「捨て置け、一族に背を向けし、男と逃げた娘の子供じゃ・・・」

…巫浄という一族がいる。その者達は自らの力を子に伝え、

成人の時に自らの目を潰し、盲いることでより大きな力を紡ぐ、

そして…

邂逅 (969) (02-10-27 10:11)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:須啓
月姫&歌月十夜>シリアス | 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』投稿作品です。

―――――――――――――――――――――――――
「何故、見殺しにした」

その表情は、影になり常人なら窺い知ることは難しい。
だが、荒耶にとって、暗闇でモノのカタチを捕らえることなど造作も無い。

「それは、その女性のことですか。それとも貴方が殺めた別の誰かのことですか」
答える声は悲哀に満ちてはいたが、それでも、その少年は―――笑っていた。

「この女のことだ。貴様ならば、阻止する事も容易かろう。統一言語師」

荒耶の野望 (1150) (02-10-27 10:09)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:練馬
月姫&歌月十夜>ギャグ | 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
練馬さまからご投稿いただきました。

――――――――――――――――――――――――――
 荒耶には、式の身体を手に入れる秘策があった。
「本当に、抑止力に邪魔されない方法があるのか?」
 アルバに問われた荒耶は、計画を伝えた。
「人間を使うから、抑止力が働くのだ。入って来い」
 ギイィィィ。
 研究室の扉が開いて、入ってきたのは……。
「ンゴ」

コウネリウス君とアラヤ君 (1002) (02-10-27 10:08)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:雨音
月姫&歌月十夜>ギャグ | 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
雨音さまからご投稿いただきました。

――――――――――――――――――――――――――
「コウネリウス……聞きたいことがある」
「なんだ?」
「私は、暗いのだろうか?」
「は?」
 突然私――コウネリウス・アルバ。
時期学院長である――の部屋へとやってきた荒耶はワケの分からない質問をした。 

我 、 今 宵 、 カ ノ 者 ヲ 待 ツ (611) (02-10-25 13:58)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:瑞香
月姫&歌月十夜>シリアス | 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
瑞香さまからご投稿いただきました。

――――――――――――――――――――――――
 地獄という言葉が相応しい男――荒耶宗蓮は思索を終わらせた。
 数々の死、数々の魂。そして数々の体験。

 なぜ人は苦しむのか――。

 その答えはでなかった。

傷んだ赤 (1336) (02-10-21 13:22)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:瑞香
月姫&歌月十夜>シリアス | 蒼崎橙子 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
瑞香さまからご投稿いただきました。

後編のご投稿も頂きました! 完結、です。

―――――――――――――――――――――――
 田舎

 最初の感想。
 このヒースロー空港は牧草地の真ん中にある。
 青々とした草原と羊と牛。それにアスファルトの道だけ――。
 なんていうか、日本じゃ考えられない光景。
 そして肌寒くて体に震えが走る。

a piece of scenery (655) (02-10-10 13:39)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:四季真
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 蒼崎橙子 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
四季真さまからご投稿いただきました。

――――――――――――――――――――――――
なぜ、引き出しの奥にしまったのか。
 その理由すら忘れてしまったというのに、それは今、依然としてわたしの手の中にある。
 あの日より、わたしは少しだけ歳を経たというのに――
 写真の中の風景は、あの頃と何一つ変わりなかった。

結縁 (1598) (02-10-06 13:44)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:月詠
月姫&歌月十夜>ギャグ | 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
月詠さまからご投稿いただきました。

―――――――――――――――――――――――
だって


いきなり家を出た瞬間に


玄関に



この人が立ってたら。



誰だって混乱するでしょ。


「少年。誰に向かって話をしている」
「こっちも聞きたいです。
何であなたが僕に家の前にいるんです」

魔術師達の一夜 (837) (02-10-05 13:43)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:須啓
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 蒼崎橙子 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』投稿作品です。

――――――――――――――――――――――
襲撃者としてはあまりにも一目を過ぎる赤い魔術師に、
蒼崎橙子が陰鬱な視線を向けた。

「多少なりとも目立たない格好をしようとは思わなかったのか? お前は」
「失礼だな。十分に地味だろう? 闇の中で映える炎程度の地味さじゃないか」

「闇夜で映えるのが地味ではない、といっているんだ」

貸し借り (467) (02-10-03 14:18)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:秋月
月姫&歌月十夜>シリアス | 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
秋月さまにご投稿いただきました。

――――――――――――――――――――
 死人の山だった。
 それも、一桁でどうこう出来る数ではない。優に二十は越えていた。
 その大人数を前にして、彼は一向に怯む様子も無く、口元に笑みを刻む。
 「ははっ、なかなかの出し物じゃないか! 退屈せずに済みそうだ!」

契約 (508) (02-10-02 13:58)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:秋月
月姫&歌月十夜>シリアス | 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
秋月さんからご投稿いただきました。

――――――――――――――――――――――――
場所と日時を指定したのは先方なのだが、正直意外な場所を選んだものだ。
その喫茶店についた時、まず目に付いたのは入り口のガラスに映った
自分の姿だった。眉間に深く刻まれた皺。
まるで、私自身の苦悩を体で表したような、ある種の刻印。
目には付くが、取り立てて興味を引く訳でもない、
いつも通りの自分がそこにいる。
そして、ガラスに映った薄い私の姿と重なるように、
その男は以前会った時と変わらぬ笑みを浮かべていた。
 「久し振りだね、荒耶」

屍国巡礼 (246) (02-10-02 13:53)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:hitoro
月姫&歌月十夜>シリアス | 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
hitoroさんからご投稿いただきました。

―――――――――――――――――――――――――

「師匠…何故なのですか?」
問い掛けるは青年、白い…しかし使い込まれたことを伺わせる僧衣に身を包み、
瞳には憤りと強い意志を感じさせる光が灯っている。
そしてその全身からは何かを決意した者特有の迫力がかいま見える。
「お主だけでなく儂もまだまだ未熟よ…荒耶」

求める物 (322) (02-10-02 13:51)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:蓮内
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 蒼崎橙子 荒耶宗蓮

空の境界SS・CG大会『魔術師の宴』ご投稿作品です。
蓮内さんからご投稿いただきました。

――――――――――――――――――――――――
―――青崎。お前は、何を求める?

私か?私は・・・お前のように“極地”を求めたりはしないさ。