TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 28 in total

変わらないのはわたしも同じで (5435) (10-11-29 16:02)

_http://skybluegeneration.web.fc2.com/index.html  (archive)   作者:干莫
Fate/stay night>ほのぼの | 短編連作 衛宮士郎 遠坂凛 美綴綾子 柳洞一成

天然で不器用な士郎とツンデレで可愛らしい凛が大活躍します。

本サイトで完結した短編「変わらない士郎に恋して」の続編的位置づけにして、今回は体育祭のお話です。甘くて、甘くて、とても甘い短編をどうぞ!!

短編連作です。第4話更新

Militi Ignoti !! (4548) (09-04-22 03:54)

(掲載場所)
 Library→二次創作の部屋→Militi Ignoti !!
 第4話更新しました。1ヶ月近くかかって本文のこの少なさとは……!
 筆の遅さに愕然としつつ、諦めずに頑張ります。

(本文より)
 ここで一成を殺すということは、俺の理想を殺すということ。
 正義の味方になりたいのだと。親父の夢を形にすると誓った、あの夜を嘘にすると言うこと。
 ――そんなことが、出来るわけがない。

Do you know what the day is ? (6461) (09-02-14 12:43)

ヴァレンタインSS。
美綴綾子は14に丸をつけたカレンダーの前に立つ。
遠坂凛は鼻唄を歌いながらチョコを溶かす。
間桐桜は真剣な目つきで粉砂糖を振るう。
そして士郎は一成とチョコを食べる!?
あったかもしれない2/14の彼(女)らの話。

Fate spiritual enlightenment (20977) (08-08-15 17:05)

【一成×キャスター】の本編再構成の長編。
<キャスターのマスターが一成だったら?>
愛欲、憤怒、憎悪…仏道と相反する様々な感情。
本気の恋も本気の怒りも知らなかった一成がそんな現実に触れ、
聖杯戦争を通してどう成長していくのか?
※本編中に登場するカップリングと戦闘シーン。
【士×剣】【騎×小次郎】【騎×魔】【弓×凛】【弓VS騎】
【剣VS小次】【剣.弓VS小次】【小次郎VS狂】【騎VS狂】
【剣.弓VS狂】【剣.弓VS騎.魔】【小次郎VS槍】
【一成.凛.士郎VS言峰】【魔VSギル】
取りあえず外伝以外は完結しております。(後日多少修正?)
※原作の設定を変えてる部分が多々あるので注意下さい。

行く年、来る年 (2160) (07-01-05 15:23)

_http://www.geocities.jp/llbw_kashijiro/  (archive)  (geolog) 作者:甲子二郎
Fate/stay night>ほのぼの | 衛宮士郎 セイバー 柳洞一成

長い階段を登り、柳洞寺へ。
思いを馳せるは、来し方行く末。
一年は過ぎようとし、今、蕎麦の待つ境内へ。

新年明けて最初の週末になりましたが、大晦日のお話です。士剣と、蕎麦と、大晦日。そんなほのぼの話になっていると思います。

いつもどおり、ごゆっくりどうぞw

「戦い」終えて。 (5706) (06-08-09 18:03)

校門のところに、思わぬ人影があった。
「え………セイバー?」
すぐこちらに気付いたのだろう。晴れやかな顔で会釈してくれる。
が、こっちは気が気でない。ノースリーブで二の腕が輝いてるとか、そういうのではなく、周りの目というものがあるのだ。
(本文抜粋です。)

穂群原学園夏期試験期間終了直後。三人の下校風景を書いてみました。
管理人の試験終了セルフ記念SSですwいつもどおり、ほのぼのになっております。どうぞごゆっくり。

通りすがりの異邦人 (7024) (06-07-02 04:00)

_http://www.aya.or.jp/~kidparty/  (archive)   作者:鏡花
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 遠坂凛 セイバー 柳洞一成

嵐は、やはりいつもの通り、台風のような人と共にやってきた。
 3年C組担任教諭、藤村大河。我らが藤ねえは珍しく本日、遅刻もしなけりゃ焦りもしないピッタリの時間で教室に現れ、ちょっぴり騒がしいいつも通りのホームルームをとりおこなった。
 そして最後に、
「今日はみんなに新しいお友達を紹介しちゃいまーーす!」
(本分より抜粋)

 セイバーの穂群原学園体験入学ネタ。
 衛宮士郎3年間の思い残しの精算が今ここに実現する!(笑)

親と子 (2601) (05-10-07 09:37)

_https://silverflower.bitbucket.io/  (archive)   作者:辰田信彦
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 イリヤ 柳洞一成

「こんにちわ。やはり、イリヤさんだったか」
「ええ。奇遇ね」

 私は、そう言いながら、ここはイッセイの寺で、別に会うことなど不思議でも何でもないことに思い至る。ここは、イッセイの寺だ。むしろ、自分の方が部外者になるだろう。この程度の事も口に出すまで思い至らなかったとは、やはり今の私は少しおかしくなっているようだ。
-----------------------

リクエストいただいたSSです。
暇潰しにでも、楽しんでいってください。

キャスターの憂鬱 (9792) (05-04-07 11:25)

_http://www.interq.or.jp/earth/riku/index/secret.htm  (archive)   作者:Hunged-Cat
Fate/stay night>ギャグ | 18禁 柳洞一成 葛木宗一郎 キャスター

Hunged-Cat様に頂いた葛木×キャスターの18禁SSです。
「GIRLS SIDE」の「THANKS NOVELS」からお入り下さい。

その日、柳洞寺の蔵で古い書物を発見したキャスター。
聖杯戦争に役立つ東洋の秘術でも記されているかと、興味津々で解読を始める彼女だが、そこに書かれていた内容はとんでもないシロモノだった。

だが、魔術師としての好奇心を押さえられないキャスターは、その禁断の秘術に手を出してしまい……

Fate/Another Blade (58779) (04-09-25 18:37)

_http://www3.zero.ad.jp/fu_kan4989/  (archive)   作者:風還
Fate/stay night>シリアス | 長編連載中 遠坂凛 柳洞一成 キャスター

「問答無用ですか」
 槍を構えるランサーに苦笑しながら、キャスターは腕を目の前で横に振って魔力球を発生させた。
「なに、幾百の言葉より一発の拳の方が分かり合えるというもんだ」
 一歩、ランサーの足が石段を登る。
「キャスター相手に拳で語らないでください!スペックが違いすぎます!」
 二つ、キャスターの前に浮かぶ、魔力球が増える。
「手加減はしてやる。昨日の今日でお前さんの魔力もまだ回復していないみたいだしな。本気で闘うのは後日のお楽しみだ」
 一気に距離を詰めるべく加速した。
「前哨戦というわけですか。仕方ありませんね、なら、遊んであげます、ランサー!」

第二部、ようやく再開しました。

『水面の月』 (5411) (04-08-04 12:10)

_http://homepage2.nifty.com/cochado/  (archive)   作者:Kei
Fate/stay night>恋愛 | 美綴綾子 柳洞一成 キャスター

波打たない水面はまるで磨き上げられた鏡のように夜空を映していた。
真円の月。揺らぐことなく、すぐ手に届く距離に落ちた、月。
触れれば散ると知っていながら、手を伸ばしそうになる。
何を今更。そんな風に自分を嘲笑したくなる。
いつか、その月を手に入れてみせる。そう誓いながら、湖面を見続けた。

†  †  †

U.B.W.グッドエンド後の物語。『慕情』の続きです。

「ありきたりな、ロマンス」第2話 (15299) (04-06-13 14:58)

_http://homepage2.nifty.com/HIPROJECT/  (archive)   作者:BARSERGA
Fate/stay night>恋愛 | 長編連載中 美綴綾子 柳洞一成

「――なんだ。衛宮。ヘンな頼みだって判ってるけど――聞いてくれないか」
「美綴――」二人揃って真剣な口調。三人揃って聞き耳を立ててしまう。
 そんな言葉を聴いた私達は小声でハモらせてしまう。
「「「なんですって――!!!」」」

「檸檬月夜にもう一度」「幸せであるように」からの時系列での新シリーズ、今回は中篇で、予想外の面子によるラヴでアットホームで、コメディ?か、ともかく、そんな感じの話になる……でしょう。

長らく更新サボっていてスイマセンでした。ようやく再開です。

トップページ 左脇 Novel/Textからドウゾ。

彼女が水着に着替えたら〜坊主が水着に着替えたら〜 (23765) (04-06-12 07:49)

_http://hero-king.hp.infoseek.co.jp/  (archive)   作者:魔術師
Fate/stay night>ギャグ | Fate全般 衛宮士郎 ランサー 柳洞一成 金ピカ

バカSS第4段、なんと丸二ヶ月ぶりの更新だったり
相変わらずの作者の頭が覗える知性の欠片も見えない勢いだけSSです
肩の力を抜いて読んでください、読み終わるころには身体の力も抜けるでしょう
本文抜粋

『正義の味方』になりたかった、と呟く切継と眺めた月夜の記憶
衛宮士郎は何と言った?
あの時確かに誓った言葉
・・・・・・最近、ハーレムだ、巨乳だと狂ってて忘れてたけど、衛宮士郎は『正義の味方』になる、そう誓ったのではなかったか。
ならば、巻き込まれる、無関係な人を救わなければ。
真直ぐな瞳で俺を見つめる戦友たち。
かつては闘ったこともあった、殺されたこともあった、けれど今は何て頼もしい奴らだ。

月下孤想 (1545) (04-06-11 11:09)

柳洞寺の境内を彷徨う少年は何を悩む。
術を仕掛けそっと歩み寄る女は何を企だてる。
無言で、昏い瞳のまま石段を登る男は何のために拳を握るのか。

深夜の柳洞寺で、彼らはひととき己の真意を語るだろう。
――
凛ルートネタバレがあります。

天下泰平、すべて世は事も無し (10538) (04-05-25 04:05)

_http://glassmoon.org/  (archive)   作者:MAR
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 遠坂凛 柳洞一成

凛グッドED後、士郎と凛、そして彼らを取り巻く者たちの日常を描いた短編SS詰め合わせです。
 新作「トモダチの、カノジョ」up!

 ――唖然としてる俺を尻目に、扉に手を掛けた彼女がくるりと振り返って。
「うん、それに柳洞が普段どんな格好してるかも気になるしね。だから制服なんかで来ないでよ?」
 何やら不吉な事を告げて、彼女は部屋を出て行ってしまったのだった――

 ほのぼのとした彼らの日常模様、お読みいただけると幸いです。

罪と愉悦と代償と (7089) (04-05-21 13:49)

_http://blue.kakiko.com/riichi/index.htm  (archive)   作者:権兵衛党
Fate/stay night>その他 | 18禁 柳洞一成 葛木宗一郎 キャスター

私は宗一郎様の婚約者という触れ込みで、
この柳洞寺に寝起きしていた。
 婚姻を前提にしたお付き合い、という事になっている以上、
同じ部屋で夜を過ごしても責められる事はない。
そして褥を同じくしていたって、おかしな事ではあり得ない。
 故に、私は頻繁に宗一郎様と身体を重ねている。

夜の柳洞寺を舞台にキャス美さん、やりたい放題です。

三枝さん昼食事情 (24744) (04-05-01 05:21)

_http://homepage3.nifty.com/izuminokami/  (archive)   作者:和泉麻十
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 柳洞一成 三人娘

私の名前は三枝由紀香、穂群原学園の二年・・・、じゃなくて今日から三年生。
今日は始業式で、ここは校門から入ってすぐにある掲示板。
始業式でみんなが気になることといえばクラスわけ発表が一番だと思う。
(本文抜粋)

注:凛ルートグッドエンド後のお話

遠慮なく意見をお待ちしております。

友達の彼女 (6832) (04-04-26 16:24)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 間桐桜 柳洞一成

「あの、雌狐めがあああーーーーッッッ」

 ドアを開けるが否や、今まで悠然たる姿で廊下を歩いていた元生徒会長の口か
ら咆哮が迸る。

「聞け、衛宮……、また、あの……」

 しかし、ぴたりと勢い込んだ言葉が止まる。
 開けた口はそのままに、動きすら停止している。
 肩書きを次へと渡してなお、実権の幾ばくかを握っている柳洞一成をして、こ
んな状態になるのは、極めて珍しい事だった。
 それほどの、予期せぬ光景が一成の前に広がっていた。



 桜エンド後の日常物です。
 一成と士郎とのやり取りを描きました。
 学校舞台ですが、桜のお姉さんは出て来ません。念の為。 

ダブルインパクト (10207) (04-04-26 14:42)

凛TrueEnd後のSSです。

「後日談」追加しました。
(と言うより「末来編」でしたね、ごめんなさい(涙))

今回は某チャットの知り合いの実体験が元になってます。
あまりにおいしいのでつい筆を取ってしまいました(笑)
そのため、柳洞氏や美綴女史の性格がさらに壊れてるかもしれませんが、そこはご容赦を(苦笑)

-激しい頭痛で目が覚めた柳洞一成が見たものは?-

ちょっとだけ強引にほのらぶかもしれません(笑)

ShortStoryに掲載されていますので、ご覧ください。

追記
このSSはK様にささげます♪

「我が内に棲まう獣」 (9918) (04-03-29 17:06)

_http://www1.ttcn.ne.jp/~banzai/  (archive)   作者:ばんざい
Fate/stay night>恋愛 | 美綴綾子 柳洞一成

柳洞一成。美綴綾子。「お茶に誘われた」後日談。

「別に女嫌いってわけじゃないんでしょ? それとも衛宮以外と一緒に街を歩くのは嫌?」
「失礼な事を言うな! 俺も衛宮も健全な友人同士であって――」
「なら、衆道疑惑を晴らす為にも、悪くない提案だと思うけど」
「そんな、計算ずくで人を利用するような動機では不純ではないか」
「あたしがそれでいいって言ってるんだからいいじゃない」
 困った。
 自分が比較的突発的事態に弱く、アドリブが利かないタイプであるのは自覚していた。
 だが、これほど手掛かりが無く、途方に暮れた事はかつて無い気がする。

紫の桜、茜の柳 (9464) (04-02-23 17:44)

 ……何かおかしな事を言っただろうか?心の内で首を捻る。確かにあの二人
は良くつるんでいるらしいが。変人同士気が合うのだろう。
「知らんのか?―――いやまあ、或る意味その方が健全なのだろうが」
 あ、本当に珍しい。『何かを言い淀む』美綴綾子の姿なんて、『怒りに我を
忘れる』間桐桜くらいにはレアだ。と言うか、初めてかも。
「知らないって何が。あいつらが相思相愛だとでも言いたいわけ?」
 軽口を返す。
 ―――と。綾子は、眉を顰めてこちらを見返してきた。
「何だ、知ってるんじゃないか。人が悪いぞ、遠坂」


 セイバーE後の日常、多数キャラを活き活きと描く手腕が素晴らしいです。 西奏亭への頂き物