TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 56 in total

月姫・The”反転”衝動レヴォリューション 第五話 (7883) (10-08-15 14:24)

このお話は。
自身の(自主規制)を、その魔眼で刺し殺した事によって性別が反転した。
――『遠野志希』のお話です。
浅上女学院を舞台にお送りする、シリアス風味のラヴ・コメディ。
***************
 初めて見た。
 あぁ、いや。そりゃ付き合いは長いほうじゃないけどさ。
 それでも……。
 俺は、蒼香は、きっと泣かない人なんだって、思っていた。
 人間なんだ。そんなコト、あるはずがないのに。

ネタとスランプ (130403) (06-09-23 01:34)

「スランプというものがありましてね」
「なんだいやぶから棒に」
わたしの部屋に来てくれた蒼香先輩はいぶかしげな顔をしていた。
「書かなきゃいけないのに書けないんですよ」
「書かなきゃいけないの?」
羽居先輩はいつも通りのほほんとしている。
「いけないってわけじゃないですけど……まあ書きたいという気持ちはあるのに空回りしているといいますか」
「なるほど。それをスランプと」
「はい。何とかなりませんかね」

ぱっつんぱっつん肌Y 雨は上がって晴れてくる (6497) (05-12-15 13:55)

月姫蒼香は悩んでいる。自分が女らしくはない事を。自分が、家族と向き合えないことを。
 三澤羽居には、悩みなど何もないと思われている。いつも朗らかで、犬のようになでくり回したくなる少女だと。
 だけど蒼香は知っている。彼女の奥底にもまた、自分と同じように消せない悩みがあることを――


 ユウヒツさんから頂きました月姫SSです。
 二人の関係と、その一つの結論をお楽しみください。ああ、後ははだワイを。

Flowers in the Rain (9598) (05-07-29 03:07)

いつものホテルで、蒼香と愛し合う志貴。ぬめる花弁を割って、その雌芯を深々と貫き、かき回し、蹂躙する。
愛しい裸身を抱きしめながら、しかし脳裏にちらつくのは、最愛の人への罪悪感だった。しかし、それさえも、この性の饗宴では、絶妙なスパイスとして作用するのだ――

「彼女のミステイク」の番外編。志貴の二人への想い。
という口実で、志貴と蒼香がひたすらイタす話を書いてみました(汗)。

彼女のミステイク その1〜5 (16431) (05-02-02 07:12)

大嫌いな父に政略結婚させられそうになった蒼香。彼女はひょんなことから遠野志貴と出会い、愛し合うようになる。
めくるめく恋愛の日々に、次第に自分の女を自覚して行く蒼香。だが、二人に向けられる秋葉の視線が意味するものに気づいたとき、彼女は大きな選択を迫られる……。
月姫蒼香の恋愛と友情。ちょっと切ない話です。

志貴、蒼香の恋愛ものです。かなり濃厚な18禁ものになったと思います。
全5編。完結しました。

蒼香の夏 遠野家の夜(結) (21940) (04-12-10 15:47)

_http://www.geocities.jp/junwahu/  (archive)  (geolog) 作者:桜華
月姫&歌月十夜>恋愛 | 長編連載中 月姫蒼香 三澤羽居

「―――月姫蒼香は、遠野志貴が好きですか?」

 尋ねる羽居の瞳に、狼狽した私が映る。

「私は―――」

 私の、気持ちは―――


 全4編のうち 結 をUP。蒼香の一人称でほのぼのです。
 トップから文書→その他で跳んで下さい。
 今年ももう終わりますね……季節は、夏ですよ?

蒼ちゃんのなやみごと (4065) (04-11-01 06:45)

秋葉のいない浅上女学院。
 今日も今日とてマイペースの羽居に振り回されつつも、その行動に微笑ましいものを感じている蒼香。
 しかし羽居が学園内でのアルバイトの最中に目撃したある光景が、彼女の内に秘めていた思いを解き放ってしまう……

 「硝子の月」一周年企画「百合の咲く丘で」参加作品。
 蒼香と羽居のほのぼの百合、ちょっとエロです。心配性の蒼香とマイナスイオン発生しまくりの羽居、楽しんでいただけると幸いです。
 TOPのコンテンツボタン隣の画像をクリックしてください。そちらが祭会場となっております。

仮面シロダー! (9172) (04-10-17 01:43)

ホームページ公開〜☆
凛バッドエンド後、キャスターに連れ去られた士郎が某有名ヒーローもののごとく改造されます。
ちなみにライダーは出てきません(笑)

どうやらHPのURLがまちがっていたようで…
訂正しました。

ワルイユメ (3654) (04-01-24 11:51)

_http://www21.ocn.ne.jp/~retorono/  (archive)   作者:akia
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 月姫全般 琥珀 月姫蒼香

『そうして…シンと静まり返り、不思議そうに上を見上げるとそこには血塗れの・・・

悪夢は日常の裏側に潜んでいる。

けれど、遠野家では表側に堂々と現れている。そんな悪夢に触れた蒼香の運命は!

キーワードは【血まみれのメイド】(笑)。

**短編ギャグです。よろしければどうぞ。

未来、交錯せず。想い、交錯し。 (5892) (04-01-16 15:29)

_http://bbs.fuzzy2.com/unofficialbbs/typemoon/  (archive)   作者:10=8 01
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 浅上女学院 遠野志貴 瀬尾晶 月姫蒼香

 そもそも、未来視を都合のいいものと考えていたのが間違いだったのかもしれない。本人の望む、望まないに関わらず視えてしまう未来だったが、望む未来が視えてもそれが自分と交錯するとは限らないもの。
 未来は、意地悪だ。
 誕生日だというのに―――逢いたい人にも逢わせてくれない。


瀬尾晶誕生日ということで、短めのSSを一本仕上げました。
そうそう、シリアスなお話でもないので、肩の力を抜いてのんびり読んで頂ければ嬉しいです。

場所:SS掲示板「瀬尾晶・誕生日書き込みツリー」

CARNIVAL・TALK (4616) (03-11-11 16:50)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:10=8 01
月姫&歌月十夜>恋愛 | 短編読切 月姫蒼香

 特に何をするでもなく、空を仰ぎ眺める。
 普段は当たり前すぎて気がつかないが、意識してみると驚くほどに心奪われ
る蒼。
 風の証か、帯を引いていた雲がゆっくりとだが流れてゆく。
 何となく吐息。
 僅かに漏れた息は、周囲の喧騒に飲み込まれていくように掻き消される。吐
息を飲み込んだ喧騒は、煩いというよりもどこか高揚しているような熱気を感
じさせた。

 まあ、学園祭だしね。



 さる大学の学園祭でのバンドのライブへ出かける蒼香。
 待ち人来たらずの間に、背中越しに会話をした相手は……。
 10=8 01さんより、西奏亭への寄贈SSです。

未来を変えたその代償 (3474) (03-10-07 10:55)

_http://www21.ocn.ne.jp/~retorono/  (archive)   作者:akia
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 浅上女学院 瀬尾晶 月姫蒼香

晶の未来視に現れた三咲町崩壊のビジョン。その場に居合わせた蒼香と共に三咲町崩壊を食い止める為、二人は未来を変えるための戦いに挑む!

その時二人のとった勇敢な行動とは!!

*文章と内容に差がありますのでご注意を(笑)。
*短編ギャグモノです。

やらしいあたし (4567) (03-08-28 06:03)

_http://coop-albatross.info/moongazer/  (archive)   作者:大崎瑞香
月姫&歌月十夜>その他 | 短編読切 18禁 月姫蒼香

月姫18禁フェチ企画『月にょ』 参加作品

クラブのトイレの中、絡み合うのは志貴と蒼香……


「……嫌いじゃないけど……」

 たどたどしく、蒼香は答える。官能に震え、掠れ気味な声が響く。

「――――でも、なんでトイレなんだよ……」

夏の夜に恋をして (3829) (03-08-07 17:50)

_http://shimako.kan-be.com/  (archive)   作者:海苔
月姫&歌月十夜>シリアス | 短編読切 月姫蒼香

 蒼香は毎年のように盆を手前に実家に帰るが、あてが外れ、暇を持て余すことに。そうこうしている内にも志貴は色々と画策していたようで……

 蒼香モノの短編です。あまり馬鹿騒ぎするSSではありませんが、一本筋は通せたモノになりましたので、お楽しみください。ギャグは恒例のごとくありますので。

まあるい、ビー玉 (1413) (03-08-06 16:18)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 遠野秋葉 月姫蒼香


 蒼香の差し出した緑色の硝子瓶を手に持つ。
 ひんやりとした感触が涼しげで、何とも心地よい。
 それをそのまま、口に付けて、中身を飲もうとする。
 けれど、そこからは予想されたようなものは出てこない。
 それどころか、水滴ひとつ落ちてこない。
 どうなっているのかしら、と口を離してそれを眺めていると、硝子瓶を通し
て蒼香が笑っている顔が見えた。



 のちさんから暑中見舞いとして、西奏亭に頂きました。
 夏らしい一情景で涼んで下さいませ。