TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying all 15 Item

Line. -a duty,a right.-2/3 (8129) (09-08-24 07:28)

_http://www.geocities.jp/psk3233/  (archive)  (geolog) 作者:ぽー
Fate/stay night>シリアス | 長編連載中 ランサー バゼット

バゼット・フラガ・マクレミッツ。ランサー。
二人の視点から、ありえなかった第五回聖杯戦争の舞台を。
「Fate/hollow ataraxia」を踏まえて書いていますので、了解の程を。

1/3ずつですがご了承を。ゆっくり参ります。
原作を離れる分岐の一話です。

Mission (756) (08-10-30 08:34)

月姫本編以前、シエルが教会から命じられた一つの任務についての顛末。

※本作品は2002年に全自動月姫Links-Albatoross-の管理人、kindleさんが主催された『闇鍋読本弐』という同人誌に寄稿させていただいた『任務』という拙作をリメイクさせていただいたものです。
あらためて、当時お世話になったkindleさんに感謝の言葉を述べさせていただきます。

memories (2961) (07-07-27 06:36)

バラバラの断片ばかりを書き連ねた、四つの短編です。
テーマは「思い出」
遠い過去の思い出、いつかの未来に思い出されるであろう今の出来事、ある日昔を振り返るとき――彼、彼女はどんな表情を見せるのでしょうか。

05年夏コミで配布させていただいた拙作を、あらためてネットで発表させていただきます。御容赦。

ムーンライトブルー第三話 (5009) (06-05-15 16:44)

2001年から2002年にかけて、月光<蒼>(未完)のタイトルで発表した作品のリメイクです。
(2001年当時の設定をそのまま用いています。したがって、その後に発表されたTYPE-MOON設定に完全に沿うものではありません。ファンフィクションを逸脱するような大きな設定齟齬があるとは思っていませんが、多少の自己見解が混じっております。また、「MELTY BLOOD」はじめその他作品についての配慮も少々欠けていますので、お読みの際、御留意くだされば幸いです)

 その苦しみを自覚してみれば案外簡単なことで。
 走ることも簡単で。いわんや愚痴ることさえも。
 まっすぐ見つめてそれからどうするか、が何事においても肝要。

ランバゼの日々!#8 もしくは幸せだった日々 (8233) (05-10-27 16:44)

_http://www.geocities.jp/psk3233/  (archive)  (geolog) 作者:ぽー
Fate/stay night>ほのぼの | 長編完結 ランサー バゼット

ランサーとバゼットのほのぼのだったり緊迫したり、そんなちょっと間抜けないつかの日常。

完結です。一年以上かけてダラダラ続けてましたが、本編発売前にどうにか書き上げることが出来ました。(フライングと0時発売はさらっとスルー)

ホロゥ発売祝と、本物のバゼットさんの活躍を期待して……
(紹介文の主旨とは微妙に違ってすいません)(しかしようやくですね、楽しみ)

赤い弓の断章 完結 (82884) (05-06-25 16:25)

Fateシナリオでは明確にされなかったアーチャーの心境。そして結末。

とうとう終わりに辿り着いた、赤い弓兵の物語。
380日あまりの連載期間を終えて、とうとう完結することが出来ました。
感謝と共に、ここに連載最後の登録をさせていただきます。


ぽー

王とその男(後編) (8448) (04-06-13 15:47)

_http://www.geocities.jp/psk3233/  (archive)  (geolog) 作者:ぽー
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 セイバー アーチャー

むかしむかし。王様は一人の男とお会いなさった――

彼女は王たる名を背負い戦場を駆け続ける。
同じく戦場を駆け続けるその男もまた、思わず手を伸ばしてしまった。
あるいはそれは一方的な再会。古代イングランドの森にて、夜はすぎゆく。

完結しました。

仲直りとサボタージュとなんとなく幸せ (1888) (03-04-11 11:26)

_http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/1526/  (archive)  (geolog) 作者:ぽー
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 遠野秋葉

【このSSができるまで】
過去の教育現場ではスカートめくりが一般的にも黙認(?)されており、クラスに一人はいるお調子者のエロ男子の悪の手から身を守るために女生徒は制服のスカートの下にブルマを履いていた。しかし男子にしてみればスカートをめくる目的は中身より女子の反応なので、スカートめくりは一向になくならない。むしろ時代の流れは翻ったスカートから姿を覗かせるブルマを見ることに取って変わられた。いわゆる「ブルチラ」である。
ひょんなことからブルチラの存在を知ったKは、既に過去の遺産となってしまっていた偉大な文化を世代の違いから経験できなかったことを心底悔やむ。そこへPが現れ、自分がブルチラ世代であることを告白する。理不尽を感じたKはPに「それならブルチラSS書けよウワァァァン!」と脅迫もとい要求する。律儀なPはKの立場に同情し、ガタガタ震えながらブルチラSSを執筆するのであった。

『秋葉でブルチラ』。そんな話。