TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying all 6 Item

heirs of dream (1915) (04-05-22 10:04)

_http://www.marumoti.is-mine.net/main.html  (archive)   作者:名無し
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 藤ねぇ

(本文より抜粋)
冬木に暮らす誰もが忘れることの出来ないあの日から暫く経ち、切嗣さんは戻ってきた。
大火災の中、奇跡的に助けられた一人の少年と手をつなぎながら。――――

わたしの返事に満足そうに頷くと、暫くの間、切嗣さんは目を閉じた。――――

やがてぽつりと、一片の言の葉が舞い降りた。


丸餅さんのHP「Global My Document」に掲載していただいたSSです。
いつも元気なあの人の、ちょっとほろ苦い思い出のお話。
宜しければご賞味下さい。

らいおんの小ネタ劇場番外変・逆襲の三馬鹿 後編 (9227) (04-05-19 16:43)

_http://www.marumoti.is-mine.net/main.html  (archive)   作者:名無し
Fate/stay night>ギャグ | 短編読切 Fate全般

(本文より一部抜粋)

だがそれでも、ここで相手の言いなりになってしまっては……
無念に、白くなるほど強く唇を噛む。待ち受けるペナルティを思うと、気が遠くなってくる。――――


丸餅さんのHP「Global my document」に載せていただいたSSです。

三人の恐るべき罠にはまってしまったセイバー。彼女に窮地を脱する術はあるのか――?

この作品は、丸餅さんの了承の下、丸餅さんの短編集「らいおんの小ネタ劇場」の設定をお借りして作成されています。予めご了承下さい。

悪夢、そして決意 (3052) (04-04-03 08:45)

_http://www.marumoti.is-mine.net/main.html  (archive)   作者:名無し
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 衛宮士郎 間桐桜 ライダー

決して消せぬ過去の罪。
決して戻らぬ失われた命。

悪夢は容赦なく桜を苛んだ。
そして悪夢の影は容赦なく彼女を襲う。

己の罪を思い出し、突きつけられた桜に士郎は――。


名無しさんより頂いた投稿作品です。
是非御一読ください。

午後は熱いお茶とあの人を待って 後編 (8702) (04-03-27 16:34)

_http://www.marumoti.is-mine.net/main.html  (archive)   作者:名無し
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 セイバー

少女は堕ちる。
自らの肉体を蝕む欲望と、その手の内にある誘惑。
少女は堕ちた。自らに負けてどこまでも堕ちた。

――――シロウ、どうやら私はここまでのようです――――

心中では少年にそう詫びつつも、
黒い欲望に淡い快感を覚えている自分が確かにいた。

セイバーを蝕む欲望の具現。
それは江戸前屋の特製・大判焼き。

……セイバー、食べたことないらしい。


名無しさんから頂いた投稿作品の後編です。
前編と合わせて是非、一度ご覧になってください。

(1609) (04-03-20 14:01)

_http://www.marumoti.is-mine.net/main.html  (archive)   作者:名無し
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 間桐桜

 あの景色の中のあのひとの姿はとても美しかった。
 わたしにはまぶしくて直視できないくらいに。

 だけど――。

「あ、慎二の……えっと、そうだ、桜ちゃんだっけ?」
「は、はい、お久しぶりです、衛宮さん」

 その日、わたしはその扉を叩いた。
 ……わたし自身の扉も、そっと叩いた。


名無し様から二度目になる投稿作品を頂きました。
以前、投稿掲示板に掲載されていた作品の加筆修正版です。
是非、ご覧になってみてください。

月に啼く獅子 (2927) (04-03-17 16:14)

_http://www.marumoti.is-mine.net/main.html  (archive)   作者:名無し
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 セイバー ベディヴィエール

とある夜。
セイバーは囁く予感に誘われてそっと家を出る。
空には在るのはあの頃とは貌を変えた星空、そして変わらぬ儘の月と――

閃くは月光を返して輝く白刃であった。


名無し様より頂いた、『Global My Document』初の投稿作品です。
是非、ご堪能ください。