TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 28 in total

花見 (1113) (10-08-30 15:02)

「士郎、花見に行きましょー」
 唐突に食事の時間に藤ねえ河が話題を切り出してきた。
「ああ、そういえばそんな時期だったっけか」
 俺にとっては恒例の行事となっている。俺が切嗣に引き取られてからずっと続いていたので、今年あっても何の不思議もない。

明らかに季節はずれな内容。そして相変わらずの食べ物ネタです。久しぶりなのと、途中まで書いてそれから時間が空いたので、全体的に壊れ気味になってます。主に凛が。

正義の味方 (4747) (10-02-13 22:54)

正直もう何番煎じなのかさえ分かりませんが、聖杯戦争から10年後、正義の味方を目指すべく旅立った士郎と士郎を探す凛をメインにした話です。原作のUBWとリンクする話をなっています。
なお、原作及び、Fate/Zeroの致命的なネタばれを多数含むため、閲覧の際は十分に気を付けてください。

第3話「回想」を更新しました。

地獄のクリスマス (3747) (10-01-02 22:58)

「無茶苦茶だな……」
「あら、傍から見てたら面白いじゃない。皆目を血走らせながら鍋に群がってる光景なんてそう滅多にお目にかかれないわよ」
「このあくまめ」
 藤ねえから2秒ほど遅れてセイバーも肉を中心に皿がいっぱいになった。
「くっ、やはりタイガは別格ですね」
 そう言いながらもセイバーもガツガツと食材を平らげている。
「この肉外れね。安物にしてはなかなか良い味だけど、高級肉はこんなもんじゃないわ」

クリスマスネタですが、甘さゼロの完全ギャグになってます。

アルクェイド抹殺計画 (3207) (09-12-05 22:45)

「ふふふ、どうしてくれようかしら。あの泥棒猫はまた性懲りもなく」
 遠野邸の一室にある、監視カメラを全て見られるモニタールームで遠野秋葉は殺意を露わにしていた。右手に持ったワイングラスが粉々に砕かれた。
 中に入っていたワインは当然辺りにぶちまけられている。
「本当に困った方ですねぇ。如何なさいますか秋葉様」
「決まっているでしょう。私の兄さんに手を出す卑しい泥棒猫には死んでもらいます」
 人に聞かれたら色んな意味で問題発言になりかねないが、当の秋葉は何とも思っていない。
「琥珀、手段は選びません。アルクェイドさんの抹殺に協力してくれる人を今から集めて来てください」
「了解しました。」
(これは面白くなりそうですね♪)

内容は過激ですが、完全なギャグ回になっています。

ラーメン屋台にて (4149) (09-11-22 00:17)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
空の境界 | 短編読切 両儀式 黒桐幹也 蒼崎橙子 黒桐鮮花

「まあ、お前はとかく女に慕われてるからな」
 鮮花とか浅上藤乃とか瀬尾静音とか。もしかしたらまだいるかも知れないな。俺が知らないだけでまだまだ余罪があるかもな。
「式、妙な誤解を招く発言は止めてくれ」
「別に深い意味はないだろ、全部事実だ。それとも何かやましい事でもあるのか?」
「どうしたんだ式。まさか酒が回って来たのか」
「まだ一杯しか飲んでなくないか? 両儀ってそんなに酔いやすいのか?」
「普段はそうでもないはずなんだけど」

第7章から1年後の話です。一応未来副韻の話を汲んでいます。毎度の事ながら全員フリーダムすぎました。

北の国から (6356) (09-11-07 23:09)

「俺は一応郵送する余裕はあるから、帰りの荷物はそんなに多くないけど、流石にこれはなぁ」
 慎二があまりにも深刻な状態だったので、まずはどんなものを買って来いと言われているのかを聞いてみた。
 どうやら慎二も俺と同じ雑誌を見せられたらしく、そこには買ってくるお土産に丸印が付けられていた。その辺も俺と同じらしい。
 違ったのはその量だ。明らかに俺の倍以上はある。しかも俺の場合は小さい箱に入れられているものが多いのだが、それとは対照的に慎二はどれも大きな箱に入れられているものばかりだ。
 誰がどう見ても桜が意図的にそうなるように仕組んだとしか思えない。どうやら桜は俺が思っている以上に慎二を恨んでいるらしい。

Fateで修学旅行というのをやってみました。相変わらずキャラが壊れてます。
パート2を更新しました。

グレートキャッツランド (4532) (09-10-10 23:40)

「オッス、売り上げはどうなってるクソネコ」
「その減らず口は相変わらずかね。菓子類を中心にそれなりに売れているな」
「うむ、その調子でやってくれ。あたしは適当にふらついてるから」
 経営とか正直めんどくさくてしょうがねー。やっぱあたしとしては自堕落な生活が合ってるにゃ。
「ところでさっきから君を羨望の眼差しで見つめてる人がいるのだが?」
「んー、にゃににゃに……って、ノォ―――!!! 何故お前がここに!!」
 脊髄反射で5メートルくらい後退するあたし。身の危険を感じたぜ。


志貴やアルクェイドらが健康ランドに行った話です。
ドラマCDネタも含んだネタが多いです。
複数話にまたがる話になっています。

ロシアン餃子 (3013) (09-05-23 22:38)

「とんでもない人と知り合いになったものですね。ここの店長は」
 他に人選がなかったのだろうか。よりにもよってこの神父に店を任せるなど自殺行為以外の何者でもない。
「生憎だが、私はここの常連にはすこぶる高評だ。何ならそこの女性に聞いてみるかね?」
「そこの女性って―――」
「やっほー、士郎。こんなところで会うなんて奇遇ねー」
「何やってんだ藤ねえ。こんなところで」
 言峰の言う常連とは大河の事だったようだ。

アーネンエルベに行った士郎たちがトラブル?に巻き込まれる話です。

ランサーズヘブン番外編~慎二の受難~ (3498) (09-04-18 21:20)

「おい、ちょっと待てよ。冗談だろ。なあ、衛宮もライダーも黙ってないで助けてくれよ」
 士郎、セイバー、ライダーは船の上で固まっている。ギルガメッシュのあまりにも突拍子のない行動にリアクションが取れないでいるのだ。
「ギルガメッシュ、一体何考えてるんだよ。慎二を海に投げるなんてさ」
「はっはっは、あいつの髪が海藻に近いだろう? ならば良いエサになると思ってな」
 本気で言っているのか冗談で言っているのは定かではないが、少なくともギルガメッシュが慎二をエサにして大物を釣り上げようとしているのは間違いない。しかし慎二が海に放り出されている様は正直シュールすぎて笑えない。士郎も超展開すぎて表情が軽く死んでいるが、それでもなお笑いを堪えるのに一苦労だった。

はっきり言ってやりすぎました。徹底した慎二弄りの話です。
もうランサー関係ねーよという突っ込みは無しの方向で。

ランサーズヘブン~そして近海へ~ (4790) (09-03-21 21:38)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
Fate/stay night>ギャグ | Fate全般 アーチャー 金ピカ

「要するにどっちも馬鹿ってことでいいのかしら?」
 あまりにもストレートすぎる表現だった。しかし凛の意見に意義がある者は誰もいなかった。口は悪いが、実際のところ全員似たようなことを考えていたからである。
「それで2人はどこへ行くつもりなのでしょうか? まさか海外に出るわけではないと思いますが」
「それはないだろ。ていうかあったら怖い。日本の漁船が領海よりも離れた場所にいたら密漁だと思われて攻撃されかねないぞ。そうなったらあのギルガメッシュが黙ってると思うか?」
「黙ってないでしょうね……絶対に」
 セイバーが断言する。

hollowのランサーズヘブンをさらにカオスな展開にしみました。
いつもの事ですが、ほぼ全員のキャラが崩壊しています。

ミハイルの屈辱 (1399) (09-03-07 15:52)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 月姫全般 ロア

「というか何でここにいるのよロア。さっさと消えなさい」
「アルクェイド、今日はやけに毒舌だな」
「相手が相手だからよ。まあ、いいわ。生きてるんならまた殺してあげるから」
 物凄くナチュラルに怖い事を言うアルクェイド。非常に物騒な物言いだったため志貴は嗜めるものの、肝心のアルクェイドが言うことを聞くつもりはさらさらないようだ。最も志貴もロア討伐自体には賛成しているので、そこまで強く嗜めているわけではない。それが余計にアルクェイドを増徴させている。
「そうですよ、志貴さん。アルクェイドさん。この際ですからネロアさんを徹底的に叩くべきです。あの化け猫がいないのは残念ですが、こうなったらその分ネロアさんに痛い目に遭ってもらいましょう」
「琥珀、お前はそろそろ黙ってろ!」

メルブラで弄られキャラに定評のあるロアを弄ってみました。

元旦の悪夢 (7424) (08-11-21 15:06)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
空の境界>ほのぼの | 両儀式 黒桐幹也 蒼崎橙子

「鮮花、鮮花、しっかりしてよ。どうしたのよ急に」
 何の前触れもなくいきなり放心状態になられれば驚くのも無理はない。鮮花と一緒に来ていた瀬尾静音は状況が理解できずに必死に鮮花を起こそうとしているが、鮮花は静音がどんなに揺さぶっても一向に起きる気配がない。完全に重症である。
 ちなみにその後ろでは浅上藤乃がオロオロしながら傍観していた。周りの人たちも急に倒れこんだので、何かの事故にでも巻き込まれたのではないかと思ったのだろうか。野次馬が出来始めていた。


原作から数年後の話で、式と幹也が神社に初詣に行く話です。

あかいあくまの苦悩 (4975) (08-11-12 21:52)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
Fate/stay night>ギャグ | 短編読切 遠坂凛

「あー、ムシャクシャするわ」
 多少落ち着いたとはいえ、凛はまだまだ冷静さを欠いているようだった。
「何があったんだよ。ちょっと普通じゃないぞ」
「あの女、何かにつけて日本人はどうだの遠坂はどうだのってうるさいから腹が立ってるのよ。かといって学生寮の一件があるから私もルヴィアも協会からマークされてて下手な行動は出来ないし。手を出したら負けって分かってるけど、一度こっちが負けたのをいい事に、調子に乗ってるのはもう我慢ならないわ」

ロンドンに渡った凛が士郎たちと再会する話です。

げっちゃ(月姫、歌月十夜編) (2646) (08-11-03 14:23)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 月姫全般

「さっさと志貴を出しなさい。さもないとどうなるか分かってるんでしょうねぇ」
 明らかに明確な殺意を志貴に向けるアルクェイド。それに秋葉も加わりそうな勢いだけに、七夜としては絶体絶命のピンチに陥りかけていた。
「知るか。気付いたら俺の人格が表に出てたんだ。文句を言うならあいつに言ってくれ。俺だって何も知らずにいきなりこんなところに放り出されていい迷惑だ」
「分かりました。色々と不満はありますが、それは後で兄さんに言う事にしましょう。ふふふ……楽しみにしていてくださいね兄さん」

今回は月姫にしました。一部分かり難いネタがありますのでご注意を。

げっちゃ(Fate/stay night編) (2831) (08-10-25 21:06)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
Fate/stay night>ギャグ | Fate全般

「良いじゃない桜。あれ似合ってたし。ていうかあそこまで来ると逆に黒くない桜の方が似合ってないし」
「それどういう意味ですか姉さん」
桜がギロリと凛を睨みつける。今のはどう考えても最初に喧嘩を売った凛が悪いだろう。
「止めろ桜。遠坂、今のは流石にお前が悪いだろ」
なので士郎が止めに入った。だが凛はそれを無視して話を続ける。
「あんたたちはいちいちこっちの話を真に受けすぎなのよ。もうちょっとスルーしなさい」
「姉さんだって色物のクセに……」
「今何か言ったかしら桜」

月姫PLUSのげっちゃを元にFate版のげっちゃをやってみました。相変わらず全員壊れ気味です。

遠野家の乱 (4743) (08-10-15 15:04)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
月姫&歌月十夜>ギャグ | 遠野家 アルクェイド

「ったく、お前はホントに唐突に人の部屋に来るよな。頼むから普通に来てくれ、もしこんなところを秋葉に見られでもしたら……」
「私が何ですか? 兄さん……」
志貴は全身の血が凍りついていくのを一瞬で把握した。全身から汗が止まらない。恐怖で身体が硬直する。本能が後ろを振り向いていはいけないと告げているが、志貴は恐る恐る後ろを振り向く。
「やってくれますね兄さん。私に黙ってまさかこんな事をしているだなんて」

アルクェイドが志貴の部屋に侵入してきたのが秋葉にバレたときの話です。秋葉と琥珀がどこか壊れています。

オルタ (4711) (08-10-07 15:45)

「……何でさ」
学校から帰ってきた士郎は目の前の光景を信じられなかった。いや、信じたくなかった。そこにいたのはあの―――
「シロウ、ごはん」
そこにいたのはセイバー、ではなく黒いセイバーことセイバーオルタだった。
セイバーは、髪の一部を掴まれると反転してオルタ状態になる事が既に分かっている。俗に言うアホ毛という部分なのだが、凛が面白半分にセイバーのアホ毛を掴んでしまった事から悲劇は始まった。

セイバーオルタが好き勝手暴れる話です。相変わらずの食べ物ネタです。

復讐者 (3324) (08-10-03 21:23)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
空の境界>シリアス | 長編連載中 蒼崎橙子 黒桐鮮花

「橙子さん。ちょっといいですか?」
「ん? 何だ黒桐」
黒桐幹也は唐突に橙子に問いかける。
「橙子さんと鮮花ってどこで出会ったんですか? 気付いたら鮮花は橙子さんに弟子入りしてるみたいですし」
初めて鮮花からその話を聞いたとき幹也は驚いたものだ。橙子と知り合いだったお陰で魔術師という存在を普通の人よりはまだ多少は知っていたが、まさか自分の妹がそうなるとは思わなかったのだ。
「何だ。前にも言ったじゃないか。鮮花とは1年前に旅行先で―――」

蒼崎橙子と黒桐鮮花が出会った事件を長編小説にしてみました。シリアス路線でバトルも織り交ぜるつもりです。
第3話「邂逅」を更新しました。

食べ物の恨み (4239) (08-09-26 15:40)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
Fate/stay night>ギャグ | 短編読切 Fate全般 間桐桜 セイバー

「待ってくださいサクラ、私ではありません」
セイバーは桜を恐れるあまり半泣き状態になっている。普段はセイバーの名に恥じない人物なのだが、ときどき恐ろしく弱くなる事がある。主に図星を突かれた時にそうなのだが、最近は桜に怒られたり、理不尽な理由で凛に振り回されたりしたときもこのような状態になる事が判明している。
「セイバーさん、その手に持っているのは何ですか? 動かぬ証拠がありながらよくもいけしゃあしゃあとそんな事が言えますね」

タイトルどおり食べ物の恨みは怖いと言う話です。相変わらずセイバーと桜が壊れ気味になっています。

夏祭り (1451) (08-09-12 21:09)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 Fate全般

「シロウこれは何ですか?」
セイバーが目の前の屋台を不思議そうに眺めながら尋ねてきた。ケースの中に入れられた水の中を魚が泳いでいる。言うまでもなくお祭りの定番であるあれだ。
「こいつは金魚すくいっていうんだ。ほら、あそこにあるので金魚をすくって、お椀の中に入れれたら金魚がもらえるっていうゲームだ」

タイトル通り士郎たちがたまたま立ち寄った夏祭りを書いてみました。珍しくほのぼのとした作品になっています。

メシアン (2965) (08-09-06 15:07)

「じゃあこの辺りの店で一休みしましょうか。もう辺りも暗いし」
朝早くに出てもう暗くなってきているという事は既に10時間近くは連れ回されてる事になる。よく身体が持ったなと自分で自分を褒めてやりたいところだった。
「けどこの辺りに店ってあるのかしら?」
アルクェイドは辺りを見渡す。すると志貴が見知った看板が目に飛び込んできた。


タイトルはネタっぽいですが、志貴、アルクの恋愛物で基本的に話は真面目になってます。

バイキング (2685) (08-08-31 21:05)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
Fate/stay night>ギャグ | 短編読切 Fate全般

「さあ、行きましょうシロウ」
最近新都できた人気のバイキングがある。士郎たちはそこに来ているのだが、その面々がとんでもない事になっている。士郎や凛、ライダーはそれほど多く食べるわけではないが、セイバーと桜だけで十分採算が取れているような気がする。
中でもセイバーは恐ろしくノリノリである。元々人より多く食べるので、食べ放題のバイキングは彼女の性に合っているのだろう。


食べ物ネタということもあってか、必要以上にセイバーと桜が暴走しています。主要メンバー以外にも何人か登場させてます。

お化け屋敷 後編 (4988) (08-08-22 20:53)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
Fate/stay night>ギャグ | Fate全般 短編連作

「桜、それはお化けじゃないんじゃないのか……」
士郎は桜の衣装に目をやる。それは明らかにお化けとはかけ離れた格好だった。何しろ黒と赤のストライプのワンピースを着て極めつけは髪を白く染めているのだから。分からない人には分からないが、分かる人にとっては恐怖以外の何者でもない。主に士郎とか凛とかセイバーとかライダーとか……

hollowのイベントであった学園祭の出し物をお化け屋敷にしたらというIf物の後編です。前編と比べると相当カオスになっています。

式と志貴 (7684) (08-08-08 22:28)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
TYPE-MOON全般>シリアス | 短編読切 遠野志貴 両儀式

「幹也、お前こんなところまで来るなら最初から変わりに行けよ。自分の事とはいえ、こんな遠いところまで行かされたオレの身にもなってみろ」
目の前にいる女性は明らかに不満そうに自分を見ている。話から察するに彼女は幹也という人物と自分を間違えているようなのだが……当然志貴には全く見覚えの無い事である。
「あの、すいません。俺は遠野志貴なんですけど」

壊れた義手を修理するために三咲町にやってきた式が幹也そっくりの遠野志貴に出会う話です。

焼肉大帝都 (3895) (08-08-01 20:27)

_http://guren.garyoutensei.com/  (archive)   作者:翠龍烈火
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 遠野志貴 先生

「先生、何やってるんですか……」
「あら? また会ったわね志貴」
そこにいたのは魔法使いでもあり志貴の恩人でもある蒼崎青子だった。


焼肉大帝との食べ放題に行った志貴が青子に再会するお話です。時系列的には月蝕の直後で、青子がかなりぶっ飛んでます。