TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying all 6 Item

誰かの泣殻 〜よっつ〜 (680) (08-07-31 11:10)

ぽちょんと、足下に水音が立つ。うつむいた前髪からの一滴。

「……はは」

 エレイシアは碧い光をともす水辺のほとりから離れて立ち、乾いた笑いを漏らした。
 立ち上がってから、まだ一歩も動いていない。
 ただ眩しそうに、彼女の動かす口と周囲の受験生たちに目を配る瞳を、エレイシアはぼんやりと見つめていた。
 声は聞こえない。だって、あれは受験生に向けられたものだから。
 髪を伝う雫が鼻に落ち、頬に流れ唇を経由して顎からポトリとこぼれた。
 ぽちょんと、足下に水音が立つ。

 僅かに髪が揺れ、彼女が振り返った気がした。
 エレイシアの凍った指先が少しだけ動く。ドキリとしなかった自分に少し驚く。

七夜の糸を紡ぐもの 第十六章 待ちわびぬもの (4227) (07-01-30 03:29)

気がつけば、静寂。
すでに音楽は――室内に溢れていた雑音は終わっていたらしい。
シエルは小さく溜め息を吐くと、備え付けのおしぼりで額をぐしっと擦った。
食い縛った口元から、呟きが漏れる。
―――ふざけている。

透明な容器の中に閉じこめられている物体は、持ち主がシエルに代わったことに気がついたのか、ぽこりと泡を弾かせて容器を曇らせた。

この空を飛べたら 〜あおいろのじかん〜(全3話完結) (952) (04-09-10 13:04)

_http://www.tvk.ne.jp/~clouds/  (archive)   作者:あど農園
月姫&歌月十夜>シリアス | 月姫全般 独自キャラ

えらいひとの講義を聞いたことがある。
『人間は、死んでゆくのだ。死んでしまうだけではなく、死んでゆくのだ』……だってさ。
人が死ぬ。
人間の死っていうのは、記憶のなかにもあり、心のなかにもあり、そして人間と人間の繋がりや家族の思い出の中にだってあって。ただ、科学的な死だけが死じゃないって言ってた。
その人が死んで、時が経って、残された人が落ち着きを取り戻して、その人を懐かしく思い出すことが出来て初めて人の死は完成するんだと。

続々続々・三人寄れば文殊の知恵 (5721) (03-06-12 12:47)

_http://www.tvk.ne.jp/~clouds/  (archive)   作者:あど農園
月姫&歌月十夜>ギャグ | 長編連載中 月姫全般

 バキン。
 今度はシエル先輩側のサイドミラーが壁に接触し粉々になった。

───懲りずに加速。再び座席に縛り付けられる。
 エンジン音に混ざり、後ろで轟音が聞こえた気がした。
 苦労して振り返って見ると、───翡翠が気絶していて、その胸の中で秋葉が泡を吹きぐったりとしていた。アンバーさんは、にこやかに微笑みながら後ろを向いている。
 その先には、倒れてきた電信柱の上部がガソリンスタンドに突き刺さり、切断したケーブルからは放電し、さらに先ほどの給油タンカーが逃げまどうスタッフたちめがけて突っ込んでいくところだった。

閑話 琥珀 第四章 (5145) (03-05-21 12:14)

_http://www.tvk.ne.jp/~clouds/  (archive)   作者:あど農園
月姫&歌月十夜>シリアス | 長編連載中 琥珀

「シキのやつは自分の部屋がある東館に走っていった。僕は反対に西館に回ったんだ。
───おかしいんだよ。秋葉ちゃんはね、僕の後を付いてきて僕の書いた名前の下に、ひとつひとつ自分の名前を書いていくんだ。 ” あきは ” って。
 ・・・そんなの、ぜんぜん、ゲームにもならないのにさ」

 西館。彼はそう言った。

「ある部屋でね。小さな悲鳴が聞こえたんだ」

 それまで止まっていた心臓が、どくんと、大きくなった。
 怖くて、私は耳を塞いだ。

夏祭り (2693) (02-10-16 10:29)

_http://www.tvk.ne.jp/~clouds/  (archive)   作者:あど農園
月姫&歌月十夜>恋愛 | 時南朱鷺恵

香る髪の匂いに、引き寄せられるように手を伸ばした。
 気が付けば、いや、心臓は、ずっとまえから胸が張り裂けるようにせつなく啼いている。
 朱鷺恵さんは、顔を俯かせたまま その身を俺に預けてくる。俺はゆっくりと力強く彼女の肩を引き寄せると互いの頬をよせあった。