TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 144 in total

天抜き (928256) (10-12-12 07:16)

サイトのトップページに更新の度に載せている「絵の無い4コマ漫画」
というかショートコントというか、そういったモノです。短いです。


 12/12更新

 自作  三千九十八ノ一~三千百二十八ノ二

     計15本を掲載しました。

今年初めて、本日最後の (5238) (10-01-24 15:09)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>恋愛 | 18禁 遠野志貴 遠野秋葉

志貴は寝たままの格好て視線だけをそちちらへと向ける。
 そっと部屋へと入る細い人影。
 予期せぬ待ち人の姿。
 やはり来るよなあと、内心で呟く。

「兄さん、まだ起きていますか」



―――端的に言うと姫始めのお話です。

立たない人形 (11608) (09-02-15 17:08)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
Fate/stay night>恋愛 | 短編読切 18禁 衛宮士郎 間桐桜

衛宮士郎の体は、おかしな状態にあった。
日常では何ら不具合は無いが、明らかに問題を含んでいた。
最初は疲れているのかで済んでいたが、日にちが経つにつれ、
それは恐怖と絶望とを士郎に与えた。
確実なる死の影にすら立ち向かった男の驚愕。
それは……。


桜トゥルーエンド後のお話です。

年の始めの初めての (11066) (08-01-06 16:04)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>恋愛 | 18禁 月姫全般

「さて、では始めましょうか」

 はっきりとした落ち着いた声。よく通る澄んだ声。
 それによって開幕が宣言された。
 発言者は長い黒髪の少女。
 目の前の存在が自分の意志に従う事を当たり前と思っている者の表情。


 元旦の夜のお話です。
 今年初めての……。

誕生日の贈り物 (4380) (06-09-22 15:03)

九月二十二日。

 その日は、遠野秋葉の誕生日である。
 それを間近にして、兄である遠野志貴がプレゼントの相談を始めた。
 となれば、話の行き先は明らかである。
 新たな目で志貴を見つめる。
 つまり、何をプレゼントしたらいいのか困って、相談しに来た訳ですね。


……といった秋葉誕生日記念SS。どうにか誕生日当日に滑り込みました。

みんな仲良く (12708) (05-11-23 15:32)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>その他 | 18禁 月姫全般

「皆で兄さんを愛する事にしました」

 端的にそれだけを声にすると秋葉は口を閉じた。
 先ほどと同じ慈母の如き笑みを浮かべたまま。
 それなのに、志貴はぞくりとした。
 秋葉の言葉を噛み砕きつつ、視線を左右に走らせる。
 アルクェイドが頷いている。シエルが頷いている。
 翡翠も琥珀も。レンもシオンも。
 一様に、にこやかに、志貴に笑顔を向けている。


そんなお話。

揺れる乙女心 (5545) (05-09-22 05:15)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>恋愛 | 短編読切 遠野志貴 遠野秋葉

ひとたび思い出してしまえば、容易に兄さんは私の頭の中から去ってはくれない。
 当然といえば当然。

 溜息をこぼす。
 無理もなかった。いつも兄さんの事は私の頭の中にあるのだから。その存在が大きかったり小さかったりは変化しても。
 本物の兄さんは、普段はじっとしていてくれない。かまって欲しい時にふいと姿を消してしまったりするのに。


 秋葉誕生日SSです。鬱々と思い悩む思春期の少女の心を描いてみました……風

魔術師の卵 (4814) (05-09-08 15:40)

_http://www.geocities.jp/sfmww962/  (archive)  (geolog) 作者:しにを
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 セイバー

「お昼ご飯にしようか」
「はい」

 さすがはシロウです。
 もちろん私の竹刀の一撃を受けて倒れたシロウの事が一番大事なのは確か。
 ただ、その次には規則正しい生活を送る事も重要。


衛宮士郎とセイバーの過ごす、何気ない日常の何気ない昼食の一時を描いた、ほのぼの短編。
しにをさんより、寸劇屋へと寄贈して頂いた作品です。

むねきん (10841) (05-08-21 15:16)

唐突な言葉だった。
 それなりの雰囲気を作り、共に衣服を脱ぎ捨てベッドに。
 そしてさて、といったタイミングでの言葉。
 志貴はアルクェイドの顔を見つめて、それからわずかに視線を下に落した。
 ことさらに見ようとしなくとも眼を引き付けてやまぬ胸の膨らみ。
 惚れ惚れとするようなボリューム。
 しかし、アルクェイドの腕がそこを隠すように遮った。


 非常にお馬鹿さんなお話です。

陵辱夜 (20203) (05-08-01 15:45)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
Fate/stay night>その他 | 短編読切 18禁 衛宮士郎 間桐桜

間桐桜にとって衛宮士郎は憧憬の対象だった。
 まっすぐであり、優しく、眩しく見える存在。
 士郎にとって桜は、妹の如く思っていた少女。
 身近な可愛い後輩であり、守るべき人だった。

 そんな二人の関係を知っている者が眼にしたら、それは異様と映っただろう。
 深夜の一室で繰り広げられている、その光景。


 タイトルの通りです、多分。
 ダークとかのお話でないと思います、このくらいだと、多分。

その一口 (3361) (05-06-20 16:21)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 間桐桜

間桐桜は逡巡する。
 ためらう。迷う。立ち尽くす。
 試されるのは己の判断力。得るもの、そして失うもの。変化の見極め。
 水面への一石が、大きく広がる波紋となるように。
 些細な原因が大きな結果を生む。
 何度となく見たもの。悲劇的な結末。
 一時の快は、後の悲嘆へと繋がっていく。
 すぐに姿を現さずとも、ゆっくりと確実に。


 なんだかわけのわからない話に。それほど高……ぽいし。

天抜き・風呂と眼鏡 (6346) (05-03-19 13:46)

絵の無い四コママンガ風コント?の「天抜き」を
眼鏡、お風呂を小道具にして書いたものです。全41本。

書き手の方、のちさん、Syunsukeさん、KTさん、ユウヒツさん、
MARさん、てぃーげるさん、しにを。

ちょっと大人向け方向に舵が向いている気がしますが、お楽しみください。

もとはるさん、White Snowさん、うづきじんさん、のちさん、Syunsukeさんから追加を頂き、
新たに書いて、倍増の全91本になりました。

ろくもじたす (4291) (05-02-06 15:21)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>その他 | 短編読切 遠野志貴 翡翠

まだ日の落ちぬ午後のひと時。
 部屋の中には俺と、メイド服姿の翡翠のみ。
 仕事の終わった夜ではなく、仕事中。まだ翡翠は働いている最中だった。
 その翡翠がベッドの上にいる。そして、


 志貴と翡翠とのちょっとした行為。
 変な仕掛けのあるお話です。
 多分18禁じゃないと思います。

口交 (4270) (04-12-23 17:59)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>恋愛 | 短編読切 18禁 遠野志貴 遠野秋葉

ふと、思い出したと言うように、志貴が言葉を洩らす。
 視線を下に向けると、どう答えたものかと戸惑うような秋葉の顔。
 しばし絡まる視線と視線。
 兄の表情を瞬時に見て取り、ここは怒ったり、怒った振りをするのは得策でないと秋葉は判断する。
 特に他意のなさそうな表情で、志貴は秋葉を見ている。
 何か含むところがある失言であれば、こうも呑気な顔をしてはいまい。
 秋葉に対してだけでなく、時々志貴は唐突過ぎる物言いで聞く者を当惑させる事がある。
 主として、黒衣を身に纏った教会の代行者だの、忠実なる可憐なメイドさんだの、あるいは目の前にいる妹だのを。


秋葉と志貴です。まだ初々しい頃でしょうか?

試験期間を迎えて (5014) (04-12-15 16:57)

取りあえず終わりっと。
「あーあ」
 伸びをすると、声が自然に洩れた。
 少し肩がこっている。
「あ、終わったの?」
 弾んだ声。
 うーんと首を回しつつ、体を声の方に向ける。


志貴とアルクェイドの他愛ないやり取りです。
前に他所さまの同人誌に掲載していただいたものの再録です。

手慰み (4041) (04-12-11 03:23)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 18禁 遠野志貴

睡眠前のひと時。
 まだ眠気は訪れず、身を横たえてはいても意識ははっきりとしている。
 天井を向いたままで、志貴は今日あった事など考えるともなく考えていた。
 そんな時だった。

 唐突に。
 志貴はもよおした。


志貴のむにゃむにゃ。いちおう18禁にしておきます。

月の雫 (1525) (04-09-22 01:02)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>恋愛 | 短編読切 遠野志貴 遠野秋葉

その時、窓から見えた微かな明かり。
 月の光。

 それが、天啓のように秋葉に思い起こさせた。
 いつか何かで見た、その時の自分には冷笑を誘った行為を。
 妖しげな魔術、まじないの行為。


 いちおう、秋葉の誕生日合わせ。
 内容的にはまったく関係ないですが。季節も冬っぽいし。

遠野志貴は犬を飼っている (3640) (04-07-18 21:09)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 遠野志貴

単純に犬がいて、飼いたいと思ったから、それが理由。
 志貴の希望に対し、屋敷の中であらゆる事柄に対しての決裁権を持つ秋葉、
志貴の妹にして遠野家の当主は反対をしなかった。
 やや戸惑った顔をしたものの、兄さんがお望みならと同意をした。
 生物としての本能的欲求は強いものの、モノへの執着が乏しい兄の希望であ
れば、遠野家のルールに抵触しない限りは秋葉は否定しない。むしろ望まれる
事を待っている。


 淡々とした地味な日常モノです。合わせて文体などもちょっと変えたり。

したさき (8002) (04-06-29 16:01)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
空の境界>恋愛 | 短編読切 黒桐幹也 浅上藤乃

「藤乃ちゃん、舌を伸ばしてみて」

 幹也さんの言葉。
 唐突と言えば唐突。
 いつもなら、何かを言われようと、幹也さんの言葉にならすぐに反応する。
 けれど、今はちょっと戸惑ってしまった。


 ……幹也×藤乃前提のお話となっています。ご承知おきを。
 手も握らないお話ですが、18禁っぽいの嫌いな方もスルーを。

キスキス大好き! 桜篇 (6886) (04-06-17 16:39)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 間桐桜 ライダー

「唇を絡ませ合うキスと、そっと触れ合わせるだけのキス。
 ……お好みはどちらですか?」
「そんなの決まってる」


「KISS×300」発売記念で書いてみました。桜ルートです。(今回は前編のみですが……)
 WINTERSファンの方なら。クロスオーバーできないです、念の為。

 それと、本作品はあくまで「一般向け」ですので。

奏でる (1604) (04-05-16 15:17)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>恋愛 | 短編読切 遠野志貴 遠野秋葉

もともと専門の演奏家を目指していた訳ではない。
 生け花やその他の習い事同様に、何か楽器のひとつもと始めた物。
 遠野家の一人娘として、それぐらいの嗜みも必要という事だろう。
 なんでヴァイオリンだったのかは憶えていない。
 かなり大きなグランドピアノだって家にはあったのに。
 誰かの趣味だったのだろうか。

 他の教育と同じように、私には拒否する権利はなかった。
 それに、拒否しようという意志もなかった。
 そういうものなのだと幼い時から思っていたのだから。


 ヴァイオリンを弾く秋葉の姿を、淡々と描いただけです。
 話としての起伏も乏しいので、秋葉好きの方なら

ほんとうの自分? (1961) (04-04-28 13:34)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:しにを
空の境界>シリアス | 短編読切 空の境界全般 蒼崎橙子

しにをさまからAcidRainにご寄稿いただきました。
蒼崎橙子は、ふと今の自分を見つめる。そんなお話です。


―――――――――
けれど、そうなるまでは、仮寓ではあっても私の住まう唯一の場所である。
 そうはっきりと認識している。
 きちんと両の足で踏みしめている。
 ここは蒼崎橙子の居るべき場所だ。

 しかしだ。
 しかし、この状況は何なのだろう?
 鮮花の淹れた紅茶を、かなりぬるまったそれを啜りながら、そんな疑問に首を捻っていた。視線を巡らせれば、デスクには黒桐が、その傍には式がいる。

枕もとにて (5211) (04-04-28 13:31)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:しにを
空の境界>ほのぼの | 両儀式

しにをさまから、AcidRainにご寄稿いただきました。
式と幹也のある日の風景です。

―――――――――

 誰に訊いても、オレが幹也を責めるのは正しいと言うだろう。
 いや、たとえ誰もが首を横に振っても同じ。
 オレと幹也の間では、一方的な罪人は明らか。

 なのに、なんで口から出る声は、それほど怒っていないんだろう。
 その悪い奴に対して、小さく声にして責めているだけなんだろう。

友達の彼女 (6832) (04-04-26 16:24)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 間桐桜 柳洞一成

「あの、雌狐めがあああーーーーッッッ」

 ドアを開けるが否や、今まで悠然たる姿で廊下を歩いていた元生徒会長の口か
ら咆哮が迸る。

「聞け、衛宮……、また、あの……」

 しかし、ぴたりと勢い込んだ言葉が止まる。
 開けた口はそのままに、動きすら停止している。
 肩書きを次へと渡してなお、実権の幾ばくかを握っている柳洞一成をして、こ
んな状態になるのは、極めて珍しい事だった。
 それほどの、予期せぬ光景が一成の前に広がっていた。



 桜エンド後の日常物です。
 一成と士郎とのやり取りを描きました。
 学校舞台ですが、桜のお姉さんは出て来ません。念の為。 

終わりて後の (5427) (04-04-21 15:21)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:しにを
月姫&歌月十夜>恋愛 | 18禁 遠野志貴 遠野秋葉

 で、あるのに、唐突に志貴から発せられた言葉は、そんな二人の共有体験に
異を挟むようなものであった。
 同じ言葉でも、志貴が違った態度であれば、秋葉はあっさりと一笑にふした
かもしれない。あるいは頬を膨らませ、軽く拗ねるような仕草を取ったかもし
れない。
 しかし、今の志貴は、秋葉に不安をもたらせた。
 志貴にしてからが、言い出し難そうな、内心の疑問を隠せども隠し切れぬ、
そんな表情をしていたから。



 秋葉と志貴との交歓のひと時。
 しかしその後で、志貴はある問いを口にする。
 それは……。
 終始ベッドの中のお話です。甘々。