TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

条件で検索

検索条件

この条件で検索しました

リンクリスト

Displaying all 22 Item

尿カルチョ (8990) (05-05-06 14:08)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
空の境界>その他 | 短編読切 18禁 空の境界全般

タイトルで内容をご推察ください。
本家本元のSyunsukeさんの許可は取ってあります。

登場人物は基本的に『空の境界』からです。
式、鮮花、藤乃、橙子、黄路、霧絵、売人のお姉さんプラス1の計8名です。
黄色く染まった世界をご堪能ください。


※解答編を追記しました。


西奏亭への贈り物です。

万華鏡 (2857) (05-03-28 15:43)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>恋愛 | 短編読切 遠野志貴 遠野秋葉

長く伸びた光の筋は、鏡に曲げられ閉じこめられて、幾重にも重なり世界を作る。
 とても、幻想的な光景。
 息を呑んで、だけど心躍らせて、その世界に引き込まれていく。
 そんなふうにみとれていたのに、兄さんは疲れた声で水を差す。

「それでいいのか?」

 なんて、愚鈍。


のちさんから西奏亭への頂き物です。短かくも秋葉と志貴の姿がよいです。

色、混ざりて (1877) (04-04-05 19:37)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 遠野志貴 遠野秋葉

 いつものように朝を起きると、琥珀が戸を叩く。
 不思議なことに、琥珀は私が起きる時間を、予測出来るようなのだ。
 ほとんど時間差無く、叩かれる音は、しかし、いつもよりも興奮気味だった。

「秋葉さま、外を見られましたか?」

 そう、窓に映るのは、ちらほらと降り積もる雪。
 比較的雪が多いこのあたりでも、こんなふうに積もるのは随分と久しぶりだ
ろう。
 なにせ、昨夜はまったくと言っていいほどの快晴だったのだから。




 雪の朝の遠野家の情景。
 ちょっとした小道具を用いて、鮮やかに秋葉と志貴を描いています。
 ぜひ味わってみて下さい。(西奏亭への頂きものです)

酒精に漂う (3135) (04-04-05 18:56)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>シリアス | 短編読切 遠野志貴 乾一子

 そうだ、酒を初めて呑んだのは、ここでだった。
 唐突に思い出して、目を天井に彷徨わせて、少し、記憶を掘りおこす。
 茫然とした顔で、盃を持ち上げたまま、俺は考えに耽る。
 ああ、そういえば、秋葉が考え事する時にはちゃんとそういう顔をして下さ
いって、小言を言っていたっけ。
 横からそんなことを思い出しながらも、俺は過去を振り返っていた。



 酒という小道具を使っての、志貴と一子さんのお話です。
 独特の語り口での、何ともいえない雰囲気が醸し出されています。

 IFS (Ichiko Festa in Seisoutei) 実行委員会を通して西奏亭に
頂きました。

「宝石」&「硝子の欠片」&「間を繋ぐ」 (2110) (04-03-23 12:59)

_http://blue.kakiko.com/riichi/index.htm  (archive)   作者:のち
TYPE-MOON全般>シリアス | 短編読切 月姫全般 空の境界全般 翡翠 巫条霧絵

のちさんより新年のご挨拶代わりに、と頂きました。

藤乃さんを書いたお話と、霧絵さんのお話、
最後に翡翠を描いたお話が一つです。

短いながらも生理的にと言うか、読む側の郷愁的な面に
働きかけてくるような文章は非常に痛かったり切なかったり
します。是非御一読下さい。

「妹」&「被写体」 (1869) (04-03-17 15:38)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 遠野志貴 遠野秋葉

 通り過ぎる冷たい風のせいで息を白く吐き、肩を上下させながら、一所懸命
に歩いている。
 意地っ張りな妹だから、合わせてくれなどと言うことはない。
 黙って、不機嫌になりながら、顔を真っ赤にさせてついてくる。
 それを見ずとも、俺にはわかる。
 そんな秋葉の様子が。     (「妹」より)


 秋葉を描いた二つのお話です。
 短いですが、雰囲気が素晴らしくて、読み終わっての満足感があります。
 西奏亭への頂き物です。

独身男の誕生日/三十路女の誕生日 (3029) (03-10-04 02:34)

_http://coop-albatross.info/ClockworK/  (archive)   作者:のち
空の境界>恋愛 | 短編読切 蒼崎橙子 秋巳大輔

気分転換に煙草を買いに行こうと、腰を上げ、扉の方へと向かう。
ふと、気分が向いて、先ほどの潰れた煙草の箱を取り上げて、ごみ箱へと入れ直そうとすると、壁に掛かっているカレンダーに目が留まった。
                    (三十路女の誕生日より)
---------
 頭をかきながら、男が内ポケットから携帯を取りだし、電子音とともにボタンを押すと、音は鳴りやみ、また静寂があたりに響く。
 そして、僅かに明るみを増した携帯画面に目をやると、男は苦笑しながらひとりごちた。
「まったく、幹也のヤツも相変わらず律儀だな」
                    (独身男の誕生日より)
---------

扇風機と黒猫と (2945) (03-08-12 15:24)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 琥珀 レンちゃん

 朝食の片づけが終わって、部屋で一休み。
 一番ほっとするこの時間。
 だけど、少し暑くて、ぼんやりとしてしまいます。
 こんな時は、これ。
 これで涼しくなりましょう。

 そんなことをひとりでぶつぶつ言いながら、スイッチを入れます。
 するとゆっくりと羽根が回り始めて、涼しい風を送ってきます。
 そうして風に髪をなびかせていると、窓から一匹の黒猫が入ってきました。




 秋月 修二さんへの暑中見舞でしたが、西奏亭にて代理掲載しています。
 扇風機とレンという組み合せで書かれていて、猫好きの方にお勧めです。

「時を刻む」&「独り身」 (704) (03-08-11 15:24)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 秋巳大輔

 橙子さんの説明の通り、このコーヒー機は非常に時間がかかる。
 一滴一滴、ぽつり、ぽつり、としたたり落ちるので、とても、もどかしい。
 普段インスタントしか飲まない身としてはなおさらだ。
 (〜「時を刻む」)

 
 昨日、珍しく定時であがれると、俺はまっすぐ橙子さんの事務所へと向かっ
た。
 刑事って言うものは時間がいつ開けられるかわからないものだから、ちょっ
とでも暇があれば、俺は必ず彼女の元へと行くことにしている。
 幹也のやつなんかは、「元気だね」などとほざいているが、こういうのは一
にも二にもまず根気なのだ。
 (〜「独り身」)


 のちさんの書かれた「空の境界」秋巳大輔刑事のお話二編。
 水出しコーヒー、猫という題材を使ってのお話です。
 権兵衛党さんへの暑中見舞でしたが、西奏亭にて代理掲載しています。

まあるい、ビー玉 (1413) (03-08-06 16:18)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 遠野秋葉 月姫蒼香


 蒼香の差し出した緑色の硝子瓶を手に持つ。
 ひんやりとした感触が涼しげで、何とも心地よい。
 それをそのまま、口に付けて、中身を飲もうとする。
 けれど、そこからは予想されたようなものは出てこない。
 それどころか、水滴ひとつ落ちてこない。
 どうなっているのかしら、と口を離してそれを眺めていると、硝子瓶を通し
て蒼香が笑っている顔が見えた。



 のちさんから暑中見舞いとして、西奏亭に頂きました。
 夏らしい一情景で涼んで下さいませ。

孤独な色 (826) (03-07-20 15:39)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>シリアス | 短編読切 黒桐幹也 黒桐鮮花

 喪服。
 それは一種の独特の雰囲気を持つ服。
 だから、普段着と一線を画していてもおかしくはない。
 当然の事ながら、そんな服を見ている子どもはほとんどおらず、この一角に
は私と兄さんぐらいしか子どもはいなかった。
 子どもの目線というのは、大人の目線とは違う。
 高さが違うだけで、こんなにも印象が違うのかと疑うほどに。
 両親が離れている間、私たちは黒い服に囲まれて、ただそれを見上げていた。
 遠くから人の話し声や歩く音は聞こえていたけれど、まるで私たちだけがこ
の一角に閉じこめられたような錯覚を覚えていた。
 そう、この世界には私と兄さんしかいないような、そんな錯覚に。


 のちさんから西奏亭への頂き物です。
 独特の雰囲気、小さい頃の兄妹の姿を味わってください。
 *作者名間違い訂正いたしました。申し訳ありません。

憧憬 (4236) (03-07-03 15:14)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>恋愛 | 短編読切 遠野志貴 琥珀 時南朱鷺恵

「ごめんなさい。私も熱かったから今までシャワーを浴びてたんですよ。こん
な格好で失礼しますね?」

 そう言って、笑いかける。
 湯上がりの女性というものは、似たような動きをするものなのだろうか。
 胸を押さえ、髪に手をやり、瞳を潤ませている。
 そうする仕草、動作、立ち振る舞いがあの人を彷彿とさせる。
 暗闇に浮かぶその姿も、よく似ている。
 暗い空間に浮かぶ白い布をまとう姿はあの人を思い起こさせる。

 そう、あの時の、あの人を。


 志貴の思い出す、あの人。
 眩しく目に映った年上の女(ひと)
 西奏亭の60万HITのお祝いに頂きました。年上属性ある人は是非に。
 

天抜き・西奏亭風味 (1664) (03-05-18 20:06)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 月姫全般

サイトのトップページに更新の度に載せている「絵の無い4コマ漫画」
というかショートコントというか、そういったモノです。短いです。
……な「天抜き」の、のちさんからの頂き物Verです。

 中のタイトルが「兄さんではなくて」「キスキス大好き!」「猫影」
等々になっていて、過去のしにを作品を題材としています。
 一風変わった作品群です。ご堪能ください。

家族 (2878) (03-05-03 17:10)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 遠野家

「人がいない時に変な話をしようとするからですよー」
「むー」
「……」

 琥珀を睨む秋葉と翡翠。
 ふと、思いついたように秋葉が琥珀に向かい合った。

「それなら、もっと寂しいのは琥珀の方じゃないの?」
「え……」
「そうよね、あれだけ愛し合っている二人だもの。一時も離れたくないでしょ
うねえ」
「あ、あの……」

 あからさまに動揺する琥珀。
 それを見て人の悪い笑みを浮かべて秋葉はたたみかける。



 のちさんより西奏亭への寄贈作品です。
 琥珀さんシナリオの後のお話。
 志貴がふらりと旅立ち、残されている秋葉、翡翠、琥珀のお茶会。
 俎上に上がる志貴の事、琥珀の事……。

『男と女』 (4433) (03-05-03 13:55)

_http://coop-albatross.info/ClockworK/  (archive)   作者:のち
空の境界>恋愛 | 18禁 両儀式 黒桐幹也

空の境界18禁祭り 両儀“色”祭 SS#12

----------

目を式の方に向けて、雑誌を閉じる。
そして、幹也は立ち上がり、式の方に向かう。
両手を彼女の頭に乗せたバスタオルに置き、おもむろに拭き始める。
式は黙って拭かれている。
目を下に向けて、時折、拭いている彼の顔を見て。
両手は、ベッドのシーツを掴んでいた。

待ち合わせの付き物 (3767) (03-03-19 15:57)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 月姫全般

「で、どういうことですか?」
「それはこっちの台詞よ」
「ええ、ですがあなたに対してもですけどね」
「……」
「あは〜、志貴さん極悪ですね〜」
「……」(コクコク)
「志貴はどういうつもりだったのだ?」

 上からシエル、アルクェイド、秋葉、翡翠、琥珀、レン、シオン。
 どーやら相手は全員、志貴らしい。
 さすが、希代の女ったらし。
 とはいえ、さすがにセブンブッキングなどという命知らずな真似はしないは
ず―――



 西奏亭への頂き物です。
 一堂に会した黙って立っていれば……、の面々。
 待ち受けるは、もちろん志貴。
 さて?

Smoking (2137) (03-01-23 15:33)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 短編読切 遠野志貴 乾一子

 丸い硝子製の器に煙草が剣山のように入っていた。

 灰皿のついでに、たまっていた食器類を全て洗い、机の上を台ふきんで拭い
ていると、灰皿からこぼれたのか一本の吸い殻があった。

 それを取ると、茶色の吸い口に、紅い、口紅がついていた。



 志貴と一子との情景……、二人の距離感や漂う雰囲気を煙草という小道具を
使って巧く描かれています。一子さん好きはぜひどうぞ。

 西奏亭の30万HIT記念として頂きました。

『ある喫茶店にて』&『夢一夜』 (1231) (03-01-23 15:26)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>シリアス | 短編読切 遠野志貴 琥珀

 西奏亭への頂き物の掌編二作品です。

 翡翠の台詞のみで構成されたお話、『ある喫茶店にて』
 志貴の「あいつ」への思いを綴った『夢一夜』

 書き方や内容は違いますが、ふわっと残る何かが印象深いです。