TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

新着順リンク - 2008-02の登録

月別のデータを表示

2001| 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

リンクリスト

Displaying all 13 Item

誰がために花は咲く (13728) (08-02-29 14:35)

_http://glassmoon.org/  (archive)   作者:丸居 瞬
Fate/stay night>シリアス | 短編読切 18禁 カレン

Fateルート後、カレンが冬木に派遣されていると言う仮定のお話。
 あの地下室で行われていた事を知ったカレンは、士郎に尋ねる。

 「どうして貴方は、彼らを切り捨てたの?」

 ――以前「真夏の夜の夢」さんの同人誌、「穂群原学園日誌2」に寄稿した作品です。
 18禁ゆえご注意を。

エンバーズ.2 [正しいバッドコミュニケーションの取り方] (5530) (08-02-28 10:32)

_http://gekimetsu.blog.shinobi.jp/  (archive)   作者:ニトロ
Fate/stay night>シリアス | 長編連載中 Fate全般

電柱に括られたおんぼろスピーカーが子供たちに帰宅を促す。ひび割れた声が響く夕暮れの公園に子供が一人立っていた。否、正確にはもう一人、少年がもたれかかっているカマクラ型の遊具の内側に少女が蹲っている。二人が内外から背を預けているその遊具はさっきまでコンサートのステージだった。外側の少年は無表情のまま宙をみつめ、内側の少女は小さな体を抱いてこみあげてくる嗚咽を必死に押し殺していた。


FATE本編再構成ssです。

追い求める父の背中 そのに (7842) (08-02-25 07:25)

大分遅れましたが、なんとか更新できました。

今回は、異世界へ移動後の士郎の話です。

かなり稚拙な文章ですが、その辺も考慮して読んでくれると幸いです。

前回に引き続き、アドバイスや感想を待っていますので、気軽にお願いします。

語られなかった戦いシリーズ?〜紅き贋作者と黒き狂戦士〜 (8938) (08-02-19 08:52)

セイバールート中盤、アインツベルン城にて。

己がマスターより時間稼ぎを命じられたアーチャーは、最強を誇るバーサーカーへ単身で挑む。

失ったはずの想いと、己の全てを懸けて―――。

語られなかった戦いシリーズ第2弾。
ランサーVSギルに続き、今回はアーチャーVSバーサーカーとなります。
アニメ14話をベースとして色々弄りました。よろしければ御覧下さい。

ルヴィアゼリッタの前途多難な一日 (14941) (08-02-16 15:46)

舞台は凛true endから数年後の倫敦。ルヴィアゼリッタを主役としたSSになっています。

 以下SSの簡単な内容の説明

 ルヴィアゼリッタに降りかかる数々の災難。
 そして彼女の選択ミスにより悲劇が起きる。
 満月の月光に照らされし、朽ち果てた廃墟で巻き起こる事件。
 そこでルヴィアゼリッタは一つの決断を迫られる。
 そして明かされる衝撃の事実。
 その果てに彼女が掴み取る結末とは?

 SS投稿掲示板→TYPE−MOON→ルヴィアゼリッタの前途多難な一日からお願いします。

愛と血のバレンタインサクラ 〜もうタイトルが思いつかない2月14日〜 (11612) (08-02-16 14:02)

2月14日。
惚れ薬入りのチョコを作り、さらにそれを全身に塗って
士郎に渡そうとする桜だが、凛とルヴィアに立ち塞がられる。
二人を出し抜こうとする桜だが……。

柳洞寺修験者衆も、もてるために頑張っていた。

◇地下へ (1815) (08-02-12 05:15)

さまざまな文章表現上の試みをしちゃったりするかもしれませんよ

今回は黒セイバーは出てきません。間桐桜と間桐臓硯とライダー(名前だけ)の一夜のお話です。


SS投稿掲示板→TYPE−MOON→黒セイバーと黒桜ってどっち強いんだろうね(仮)からどうぞ。

『モーニングコーヒー』の主題による三つの変奏 (16047) (08-02-10 16:32)

_http://www.k4.dion.ne.jp/~ronren/  (archive)   作者:高橋
Fate/stay night>恋愛 | 衛宮士郎 遠坂凛 短編連作

おまけそのに 倫敦密室恋愛事件/1

 無言で視線を向けてくる士郎を前に、ゆっくりと笑顔を余所行きのものへシフトさせてゆく。表向きはさり気無く、でも頭の中は大忙し。大丈夫、傷はまだ浅い。今は傷口を押さえるよりも、追い討ちを掛けられないようにする方が先っ! 想定される幾つかの揶揄いと、それに対する反撃を心に並べて―――

「―――うん、似合ってる。凄く可愛い」

 ―――そんな論理武装をあっさりとすり抜ける不意打ちは致命傷。

   ▼  △  ▼  △  ▼  △

倫敦を舞台とした、士郎と凛の話となります。
お楽しみ頂けたら幸いです。

氷室恋愛劇場 (9927) (08-02-03 15:04)

_http://www.mai-net.net/  (archive)   作者:せる
Fate/stay night>恋愛 | その他キャラ 三人娘 短編連作

ホロゥ、氷室恋愛探偵後の架空ルート?
メインは氷室鐘と美綴弟。
あんまり恋愛恋愛はしていません、ほのぼのと中間くらいかも。
Fateメインキャラがほぼ全てサブですので、それでも良いという奇特?な方のみご覧ください。
Arcadia様のSS投稿掲示板、TYPE-MOONの項目に投稿させて頂きました。


「半分は、だがね。まあ後は君次第だ。せいぜいがんばりたまえ」

遅すぎですが、三章完結にて終幕しました。ありがとうございました。