TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

新着順リンク - 2007-01の登録

月別のデータを表示

2001| 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 31 in total

英雄王女!?in学校!! (7727) (07-01-31 13:50)

気が付けば英雄王女も8個目・・・・
まぁこんかいは学校へ行きます。
決して不登校ではありません、
当然転入生へのおきまりの地獄もw
ほのぼの一直線!!今日も頑張っていきましょうw
是非一度みてやってください

七夜の糸を紡ぐもの 第十六章 待ちわびぬもの (4227) (07-01-30 03:29)

気がつけば、静寂。
すでに音楽は――室内に溢れていた雑音は終わっていたらしい。
シエルは小さく溜め息を吐くと、備え付けのおしぼりで額をぐしっと擦った。
食い縛った口元から、呟きが漏れる。
―――ふざけている。

透明な容器の中に閉じこめられている物体は、持ち主がシエルに代わったことに気がついたのか、ぽこりと泡を弾かせて容器を曇らせた。

きよしとはいえないこの夜 (8180) (07-01-28 20:28)

_http://descriptive.web.fc2.com/  (archive)   作者:渦巻
Fate/stay night>ギャグ | Fate全般 短編連作

クリスマスSS。
後日談風味な世界で、季節は士郎たちが三年生の冬。

文化祭に引き続き、今度は合唱祭でFateメンバーたちが活躍します。文化祭と同じように陸上部、弓道部、その他でやろうとするものの、部活動の関係で部からは人員が割けない。
さて、それじゃあ“その他”が人数を集めるしかない?

やっと完結しました。
どうか読んでいただけると幸いです。

Fate/stay night 〜吸血姫の恋人〜(改訂版) 復讐騎編:第二話(一部TSアリ) (80525) (07-01-27 17:16)

――作者注意――
この作品には独自キャラ、独自設定、一部キャラの性転換などがございますのでそういったのが嫌いな方は読まない事をお勧めします。

以下、本文より抜粋

「随分と磨耗したわね?」

何時だったか彼女の主である黒い少女がそう言った、それの何がいけないのですかとたずね返した彼女に黒い少女はひどく複雑な笑みを浮かべていた。

『戦闘狂』、その言葉こそこの黒衣の黒騎士に相応しい言葉であった。

私の胸がちいさいと!? (5945) (07-01-23 15:44)

ほのぼのなのかギャグなのか・・・多分どっちもです。

セイバーのちょっぴり邪魔の多い一日
どたばた、追いかけては追いかけたりします。
ちなみにどうでも良いですが非18禁です
まぁ・・・タイトルがタイトルですが¥・・・・・・
是非一度お目をお通し下さい!!!!

食彩百景 (4596) (07-01-21 17:29)

_http://www.mai-net.net/  (archive)   作者:ユウヒツ
TYPE-MOON全般>その他 | 短編読切

TYPE-MOONの世界全般で小さなお話をちりばめていきます。テーマは「食」色々と美味しいお話を目指しています。

士郎は今日の夕食は鍋にしようと考えた。どんな鍋がいいか、みんなに聞いてみたところ……

他、志貴と秋葉がカップラーメンを食べるお話やアサシンが花を愛でながら酒を飲む話もありますよ。

SS投稿掲示板→TYPE-MOONへどうぞ。

ラヴ・ソング (4340) (07-01-21 14:43)

_http://www.geocities.jp/llbw_kashijiro/  (archive)  (geolog) 作者:dora
Fate/stay night>恋愛 | 短編読切 衛宮士郎 セイバー

年も、もうすぐ暮れる頃。
少し、クリスマスからは遅れたけれど―
私からの贈り物を、ひとつ。


dora様に頂きました、5万ヒット記念SSです。今回はトップ→頂き物展示室と行って、そこに掲載させて頂いております。

とてもあたたかい、そして素晴らしい士剣SSです。ごゆっくりお楽しみください。

サクラ★ボシ (41138) (07-01-16 14:08)

_http://members3.jcom.home.ne.jp/tonikaku11/index.htm  (archive)   作者:イチヒ
Fate/stay night>ギャグ | 長編連載中 Webコミック 遠坂凛 間桐桜

桜が世の中の不条理を叩き潰す話。
ではないのでご安心下さい。ただのギャグ漫画です。
色んなキャラが壊れてるのでそういうのヤって人は見ないほうがいいかもです。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

10話目:無関係

彼を待つ時 (3201) (07-01-14 15:25)

_http://www.geocities.jp/llbw_kashijiro/  (archive)  (geolog) 作者:甲子二郎
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 セイバー

いつも無茶をする彼を見ていると、無理をしないで下さい、と言いたくなる。
だけどやっぱり、疲れて帰ってくる彼に、かけてあげたい言葉があった。

アルバイト帰りの士郎君に、労いの言葉を。だけど、セイバーさんはその帰りを待ちきれず……といったお話です。

今回もほのぼの士剣です。テスト前最終、よろしければ、ごゆっくりお楽しみください。

両儀式朝餉 (19529) (07-01-14 09:40)

_http://moon.flier.jp/  (archive)   作者:Syunsuke
空の境界>恋愛 | 短編読切 18禁 両儀式 黒桐幹也

台所に入った途端、式が振り向いて睨み付けてきた。
「結局寝てないな? 幹也」
 その通りながらも何か言い返そうとして、だけど、厳しい目付きに意気を削がれる。

***

 朝ごはんは一日の活力です。 きちんと食べましょう。

永月譚〜月姫〜 (50493) (07-01-12 13:18)

オリ七夜とアルトルージュをメインに据えた月姫の外伝にあたるお話です。
主人公は最強ではありませんが、相当強くはするつもりなので独自キャラが強いのを嫌う方はご注意下さい。

死ぬほどマッタリ更新で申し訳ない。
第一章・第一話、更新しました。

感謝を、貴方に。 (2725) (07-01-10 15:12)

_http://windia.babyblue.jp/saber/enter2.html  (archive)   作者:甲子二郎
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 セイバー

私は、貴方に伝えたい。
感謝の気持ちを。―――に籠めて。
たとえ不恰好でも……伝わると、信じている。


士郎君に感謝を伝えるべく、一念発起してあるコトに取り組むセイバーさんの、クリスマスプレゼントのお話です。
「セイバーさん幸せ化計画」様に投稿したSSです。トップページのメニュー→工房、とお進み下さい。SSが置いてあります。

一生懸命、彼のために頑張るセイバーさん。ほのぼのにしてみたつもりです。ごゆっくりどうぞw

凛ちゃんといっしょ♪ (13837) (07-01-10 12:37)

_http://majician.ashigaru.jp/index.htm  (archive)   作者:魔術師
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 遠坂凛 美綴綾子

短編読切で、凛と士郎のほのぼの話。でも、糖分多目な仕上がりになってます。

聖杯戦争後、学校ではしばらくは他人の振りを装う筈だった士郎と凛。それが、ある日突然、登校中腕を組んでくるなんて、どうした!?遠坂。
          〜〜〜本文抜粋〜〜〜
学校への通学路。
全校生徒が、思わず足を止めこっちを見ている。
注目を浴びながら、それでも堂々と真ん中を歩く。
モーゼの如く、人の波を掻き分けて進む。
顔が熱い、きっと自分は真っ赤になっているだろう。
見れば遠坂も耳まで真っ赤だ。
「じゃあ、士郎、お昼は一緒に食べましょう」
それだけ告げて遠坂は顔を真っ赤にして、足早に教室に去っていった

Brilliant Days (10611) (07-01-08 20:40)

_http://www.k4.dion.ne.jp/~ronren/  (archive)   作者:高橋
Fate/stay night>ほのぼの | 衛宮士郎 遠坂凛 短編連作

くしゅん、とくぐもったくしゃみの音が辺りに響く。

 とっさに左手を口許に当てながら、寒さにぶるり、と肌を震わせる。休息で血戦に滾った熱もすっかり冷めてしまった。空は晴天とは言え暦は二月、ましてや明け方である。このまま寝こけていたら間違いなく風邪を引くだろう。

   ▼  △  ▼  △  ▼  △

輝ける日々にはまだまだ遠く、な感じでUBW終戦からTEまでの空白の一ヶ月の穴埋めです。

話が全然進んでいませんが、楽しんでいただければ幸いです。

お正月のご挨拶 (11096) (07-01-08 14:22)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:須啓
空の境界>ほのぼの | 短編読切 両儀式 黒桐幹也 黒桐鮮花

お正月の伽藍の堂の面々のお話です。
正月ぐらいは実家に帰れと、鮮花に言われた黒桐は。

――――――
「もう兄さんもいい加減仲直りして下さいね。
 別に是が非でも帰れ、っていうつもりはないですけど、せめてお正月ぐらいは」
「帰るよ」
「家族が顔を揃え……え?」
鮮花の抗議の声を遮って、僕が告げた台詞。
その言葉に、鮮花はきょとんと目を開いて、しばし言葉を失っていた。