TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

新着順リンク - 2004-04の登録

月別のデータを表示

2001| 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 199 in total

白き翼が羽を拡げる時 (668) (04-04-30 17:13)

「硝子の月」10万HIT記念企画「狂詩曲」参加作品。

 王の上に君臨する王。彼を顕す言葉は白翼。
 その名をトラフィム・オーテンロッゼという男。
 相対するのは道化者。道化の皮を被りし者。
 リタ・ロズィーアン。それが彼女の名前。
 彼女の指が閃いて、王の動かす駒を受け止める。
 二人が望むものは動乱。
 煌々と輝く月を、血に沈めし事――

 コンドウ トモノリさんよりご投稿いただきました。
 闇に蠢く吸血姫の王、祖が二人の競演、お楽しみくださいませ。

King's beautiful day! (10985) (04-04-30 12:36)

_http://areisuta.hp.infoseek.co.jp/  (archive)   作者:STEVEN
Fate/stay night>ほのぼの | セイバー アーチャー

「――むっ? 買い物か、セイバー?」
「アーチャー……貴方もですか?」
「今日は、衛宮士郎は一緒ではないのか?」
「ええ……イリヤスフィールに連れて行かれてしまいました」
「やれやれ……」
「むっ……何が言いたいのです?」
「セイバー、一つ忠告しておくが……」
「何ですか、アーチャー?」

「……油断していると、盗られるぞ?」
「あうっ……」

調子にのって第四段。
何気に前作の続きです。

魔術師と剣士と虎の休日 (5984) (04-04-30 06:57)

朝、何気ない寝起き。
 午前、道場でセイバーと稽古
 午後、藤ねぇとまったり
 夕、二人(?)で夕食作り
 夜、妙な一日の終わり方

短編です。
まったりとした1日をほのぼの+ドタバタで書きました。
どんな気分でも読めるSSです。
とはいっても浮き沈みはありますけどね。

雨宿り (6790) (04-04-30 01:31)

_http://homepage3.nifty.com/phantasie~/index.htm  (archive)   作者:ガウガウ
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 ライダー 三人娘

「……やれやれ」
 見事なまでにドシャ降りだった。
「全く……今日はついていない」
 そう、私は見た事もない占いに悪態をついた。
 そして―――
「ほんと、そうですね」
 その呟きに、隣で一緒に雨宿りしていた女性も困り顔で同意したのだった。

―――

交わる事のなかったはずの二人の、ほんのちょっとした天気の気まぐれで起きた、何気ない一時のお話。

感想、及び突っ込みをお待ちしています。
……お、親父ばっかり書いている訳ではないのですよ(汗

fate ショートこめでぃ2話 (3945) (04-04-29 14:25)

_http://f26.aaa.livedoor.jp/~nanaya/  (archive)   作者:七夜
Fate/stay night>ギャグ | 長編連載中 Fate全般

かなり思いのままに書いてます。
ツキロワのつまったときに書いた物なので・・・。
キャラが壊れてるかもです。

なぜか、シリーズ化。
第2回教えてセイバー先生編UPです〜。

〜本編より〜
このとき、セイバーの目が妖しいぐらい光っていることにオレは気づいていなかったんだ・・・。

Fate / Red Rock (8606) (04-04-29 14:18)

_http://coop-albatross.info/tmssarc/  (archive)   作者:蒔身-王
Fate/stay night>シリアス | 長編連載中 クロスオーバー 遠坂凛

桜トゥルー後の、凛の新たな戦いのストーリーです。

新たな凛のサーヴァントは「ライダー」のクラス。
だが、そいつはウェットティッシュを由縁で呼び出された、魔力を持たないサーヴァントだった・・・

Fate/Red Rock --歩道橋に立って街を見下ろす--

4/29
1日目終了ということで1スレ目終了。次は立てたいけど、内容的に掲示板の趣旨に合わないかもしれないので微妙な線。
まぁ立つとしても5/6以降。

セイバーさん食事事情 (14646) (04-04-29 08:08)

_http://homepage3.nifty.com/izuminokami/  (archive)   作者:和泉麻十
Fate/stay night>ほのぼの | 短編読切 衛宮士郎 セイバー

セイバーは、今苦戦していた。

いや、むしろ戦況は絶望的と言っても良い。
聖杯戦争において多くの強敵たちに弱音一つ吐かなかった彼女の心が折れようとしている。

「いけない、このままでは・・・」

      ――耐えられない
(本文抜粋)

注:あくまでほのぼのです

前半はギャグ、後半はしんみりと言った感じです。
遠慮ない意見をお待ちしています。

Family Affair. 三日目 その3「魔術師の息子」 (71217) (04-04-28 16:16)

この作品は、我らが主人公・士郎くんが、夢のハーレムエンド(注:サーヴァントのみ)を目指す本編再構成作品です。
 全ルートクリアレベルのネタバレが含まれます。

 第13回・三日目 その3「魔術師の息子」のメインは、慎二(18禁だったら嫌だ)。

 メールや掲示板にて、ご意見・ご感想など、簡単でも構いませんので、お寄せいただけると嬉しいです。

真に導く者の旅路第4話「A certain morning scenery, proof of power」 (6970) (04-04-28 15:16)

第4話目です、今回は真導君とタイガー、桜との出会い編です
それに加えて今回の分と今まで出した3話分まとめました。これからはこちらで更新していきます。

―以下本文から―
まず一つ目敵と思われる気配はやはり人でありサーヴァントではない、しかしその男か女かは共謀者でマスターという可能性もも視野に入れておかなければならない。ということ

もう一つは敵の人数は現在二人である。ということ

そのことについては敵がもう一人の仲間(この場合安易ではあるが敵2と今後呼ぶことにする)は何やら「今日はいつもより靴がかなり多い」だとか「いつもは聞こえてくるはずの料理をする音がまったく聞こえない」なども言っていた。

ほんとうの自分? (1961) (04-04-28 13:34)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:しにを
空の境界>シリアス | 短編読切 空の境界全般 蒼崎橙子

しにをさまからAcidRainにご寄稿いただきました。
蒼崎橙子は、ふと今の自分を見つめる。そんなお話です。


―――――――――
けれど、そうなるまでは、仮寓ではあっても私の住まう唯一の場所である。
 そうはっきりと認識している。
 きちんと両の足で踏みしめている。
 ここは蒼崎橙子の居るべき場所だ。

 しかしだ。
 しかし、この状況は何なのだろう?
 鮮花の淹れた紅茶を、かなりぬるまったそれを啜りながら、そんな疑問に首を捻っていた。視線を巡らせれば、デスクには黒桐が、その傍には式がいる。

枕もとにて (5211) (04-04-28 13:31)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:しにを
空の境界>ほのぼの | 両儀式

しにをさまから、AcidRainにご寄稿いただきました。
式と幹也のある日の風景です。

―――――――――

 誰に訊いても、オレが幹也を責めるのは正しいと言うだろう。
 いや、たとえ誰もが首を横に振っても同じ。
 オレと幹也の間では、一方的な罪人は明らか。

 なのに、なんで口から出る声は、それほど怒っていないんだろう。
 その悪い奴に対して、小さく声にして責めているだけなんだろう。

もしもFate外伝? (12750) (04-04-28 10:02)

_http://www.geocities.jp/enjoy_slowly/  (archive)  (geolog) 作者:うにかた
Fate/stay night>ギャグ | 短編読切 衛宮士郎 アーチャー

このSSは

もしもFate〜もしもアーチャーが自分の人生に誇りを持っていたら〜

の番外編として書かれました。
なので、アーチャーが自分の人生に誇りを持っています。
今回は色々ためしたりしていてます。

……しまったやりすぎた……

※キャラが壊れているSSが苦手な方は注意です。

『Good morning My master!』 (6079) (04-04-28 03:57)

_http://areisuta.hp.infoseek.co.jp/  (archive)   作者:STEVEN
Fate/stay night>ほのぼの | セイバー

私の名は、アルトリア=ベンドラゴン――
 誇り高き、ブリテンの騎士王である。

 だが、今の私は、サーヴァント……、

 我がマスター『衛宮 士郎』の――
 勝利を約束する剣であり――
 その身を守る絶対の盾であり――

 そして――
 私は、シロウの――

セイバーSS第三段です♪
まあ、わりとありがちな内容ですが……、(^^;

HOLY WIND(完結) (128456) (04-04-27 17:39)

ついに完結!!
「過去も未来も、自分も誰かも・・・きっと繋がっている」

・ セイバー編トゥルーエンド後の1年間を描いた物語
・ シリアスを中核に様々な展開を見せる長編ストーリー
・ 選択肢分岐によるマルチエンディング試験的採用(ほぼBADエンド)

●初のSS&長編でしたが、無事完結に至りました。
最初から最後まで全部読んで頂いた方には多大なる感謝を。
長い間、本当にありがとうございました。

BAD END 衛宮 司郎に捧ぐ歌 (12804) (04-04-27 12:01)

人間死ぬときは酷くあっけない。

「運がなかったな坊主、ま、見られたからには死んでくれや」

「駄目だライダー。3つの理由から僕は君にこの血をあげることができない」

この話に救いはあるか・・・おそらくはない。
更新が遅れて申し訳ありません。
感想・ご意見等頂けると嬉しく思います。