TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

新着順リンク - 2010-02の登録

月別のデータを表示

2001| 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

リンクリスト

Displaying all 12 Item

咲きし乱れし恋心 (2975) (10-02-26 14:15)

_http://misakiserisawa.fc2web.com/  (archive)   作者:芹沢岬
空の境界 | 短編読切 両儀式 黒桐鮮花

「両儀、式」
 名前を呼ぶ。式は何も発さずじっとこちらを見つめたままだ。

「―――わたしの負けよ。認めるわ」

本編終了から一年後くらいの鮮花と式。未来福音のネタバレご注意下さい。
Gallary⇒TYPE-MOON⇒Short Storyからご覧いただけます。

PANIC (189817) (10-02-21 05:00)

やっちまった系(多分)連載小説デス。
―――ツッコミ大歓迎!今回は本編4-9です。

朝食を終えて学校に行く準備をし、身支度もすべて終わって・・・
翡翠ちゃんが全部手伝ってくれたおかげでまだ登校するにはかなり早い時間だ。 うーん・・・早く登校して教室でのんびり読書もいいかな?
僕は部屋の戸締まりをし、カバンを持って部屋を出た。

正義の味方 (4747) (10-02-13 22:54)

正直もう何番煎じなのかさえ分かりませんが、聖杯戦争から10年後、正義の味方を目指すべく旅立った士郎と士郎を探す凛をメインにした話です。原作のUBWとリンクする話をなっています。
なお、原作及び、Fate/Zeroの致命的なネタばれを多数含むため、閲覧の際は十分に気を付けてください。

第3話「回想」を更新しました。

楽園的日常 第四話「襲撃事件とその顛末」 (2395) (10-02-13 16:29)

_http://superantistylishaction.appspot.com/  (archive)   作者:鳴かない鳩時計
TYPE-MOON全般>シリアス | 短編連作 遠野志貴 黒桐鮮花

志貴と鮮花がであって、伽藍の洞の面々と出会い。
そんなありえない日常
もともとはリクエストからはじめったのでしたが、気に入ったので不定期連載の読み切り連作として作成開始


久しぶりの更新。
リハビリもかねて作成した一作。良かったら読んでやってください。

運命王女 (5477) (10-02-13 03:54)

衛宮士郎は留学先の倫敦から久し振りに故郷へと帰る際に、笹鳴町という町に関する妙な噂を聞いた。
霊安室から脱走した死体や、夜の町を徘徊する吸血鬼など、どれも眉唾物の他愛もない噂。
しかし、あまりにも数多く存在する噂に疑問を持った衛宮士郎は、笹鳴町へ調査に向かうことにしたのだった。

まさかのFateと怪物王女のクロスオーバーです。

トップよりSS投稿掲示板→TYPE−MOON投稿→『運命王女』とお進みください。


2月13日 最新話を更新しました。

剣と鞘は永遠に (3197) (10-02-12 16:36)

_http://theblueskygenerationr18.x.fc2.com/  (archive)   作者:カワジャンZ
Fate/stay night>恋愛 | 短編読切 18禁 衛宮士郎 セイバー

セイバールート後、士剣あまあま恋愛短編SSです。ある夏の日のこと、士郎は数日前に再会したセイバーと星空を見上げていた。すれ違っていた二人の心は、この日再び繋がる。

絵師様に挿絵を描いていただきました!!

猛烈に季節はずれな作品ですが、どうぞお楽しみください。

あまおと、ひとつ。 (2461) (10-02-04 13:20)

_http://misakiserisawa.fc2web.com/  (archive)   作者:芹沢岬
空の境界>ほのぼの | 短編読切 両儀式 黒桐幹也

今日の雨は、ひどく冷たい。
寒暖に耐性のある身体から、それでも体温が奪われていくのがわかる。ぶるっと肩が震えて走った。
早く帰って、シャワーを浴びて、濡れた着物を着替えてしまいたい。
いや、そうすればいいのに、何故か式はぴたりと脚を止めてしまった。

……思えば、追憶のなかにある風景はいつも雨だったような気がする。

雨の日に待ちぼうけ猫の話。ほのぼの。
Gallary⇒TYPE-MOON⇒Short Storyからご覧いただけます。