TYPE-MOON Sidestory Links

▲ coop-albatrossに戻る リンクリスト サイトリスト

全自動月姫Links-Albatoross-の登録データを、検索可能な形で提供します。(archive) (geolog) と記載のあるところは、外部のアーカイブサービスに接続します。簡易なリンクチェックでNGなサイトには、"□"や"X"が表示されます。

新着順リンク - 2003-03の登録

月別のデータを表示

2001| 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

リンクリスト

Displaying Item 1 - 25 of 69 in total

喧嘩も又日常の一コマという事で (2480) (03-03-31 15:10)

_http://www014.upp.so-net.ne.jp/misakikouryuu/  (archive)   作者:紅柳 美咲
月姫&歌月十夜>ギャグ | アルクェイド シエル先輩

アルクとシエルがラーメンとカレーはどっちがいい食べ物か
喧嘩してる現場にはちあった志貴がどっちかを庇うお話。
ヒロインは最初のページで選択できるのでお好きな方を庇えます(笑)。
そして実態はギャグを目指してなり損ねたほのぼのです(汗)。

アルクとシエルだとアルクのが気持ちギャグ色が強い感じです。
シエルだと完全にほのぼの・・・(泣)。

恋愛衝動? (6801) (03-03-29 21:13)

_http://shinjuku.cool.ne.jp/katujin/  (archive)   作者:カワチ
月姫&歌月十夜>ギャグ | 遠野志貴 アルクェイド 遠野秋葉

「……別に。秋葉はいくつになっても甘えんぼさんだな、なんて言ってないし、思ってもいないよ」
ジト目で問い詰める秋葉に、俺は顔を背けてボソリと反論。
口喧嘩で秋葉に勝てるとは思えないが、兄として威厳を保たねば。
「……今度は8年ではなく、永久にお別れしなきゃいけないようですね」

志貴、秋葉、アルクの3人を登場させたギャグSS。
月姫のSSは、これがはじめてなのでチョット緊張です。

世界中のカレーを集めても君の微笑みにはかなわない? (2013) (03-03-29 21:12)

_http://shinjuku.cool.ne.jp/katujin/  (archive)   作者:カワチ
月姫&歌月十夜>ギャグ | 長編連載中 シエル先輩

「遠野くん、私…私……」
志貴の耳元でシエルが囁く。
「な、なんですか。先輩」
「私…あなたに会えてよかったです。ガクッ」
「先輩〜〜〜〜!!…って」
ポリポリと頭を掻く志貴。
「仮にもこないだまで不死身だったヒトがそんな簡単に死ぬわけないでしょ。っていうか、そもそも口で“ガクッ”とか言ってたし。ホラ、起きて下さい」
「う〜。遠野くん、冷たいです。私、動けませんので、お姫様抱っこで連れていって下さい」
「くだらないこと言ってないで。いいかげんにしないと遅刻しちゃいます」
志貴は殺人者が死体を移動させるように、ズルズルとシエルを引きずりながら校門へと向かった。

“カレー断ち”をしたシエル先輩の物語を描いたSS、第二話です。

過ちを犯したモノへの傾向と対策 (2206) (03-03-29 17:58)

_http://siwasu12.hp.infoseek.co.jp/  (archive)   作者:師走
月姫&歌月十夜>ギャグ | 遠野家

リクとして書かせていただきました。

―――――――――――――――――――――――――――

……っ こっちクル、こっちくるっ。
 ばたばたと階段を駆け上がり、隙間だらけの手すりに隠れたところで秋葉がロビーに姿を表した。
 どこか不満げで、それでいて良いことでもあったかのような表情で悠々と歩いていく妹は、なんというか、コワい。
 本来なら美しいと賞賛する黒髪が、いまは不吉を運んでくる翼のようにばっばっさと翻っているような気さえする。

残暑。 (12642) (03-03-27 07:04)

_http://www.interq.or.jp/earth/youhei/  (archive)   作者:紅桐葉平
月姫&歌月十夜>恋愛 | 長編連載中 月姫全般 シオン

 メルブラの後日談。それぞれのエンディングごとに話があるようです。

 Episode. M 拳で語る友情。志貴に礼を述べるため再び日本を訪れたシオン

Episode. N シオンの志貴への在り方。遠野家で研究を続けた彼女のその後

 Episode. O 錬金術師と交渉術。都古に拉致された志貴を、秋葉と真祖との交渉材料にするために有間家を訪れたシオン
 
以上の3話がアップされていました。

魍魎の匣/ /絡新婦の理 (4553) (03-03-27 06:48)

シオン18禁企画【裏紫苑祭】 参加作品

遠野家で思いをはせるシオン、だが平穏に過ごしていた彼女は志貴の部屋――匣の中のナニカを識ってしまう。そこにアルのは恐ろしくも淫らな……

夢の残照 (3629) (03-03-24 07:21)

_http://www5f.biglobe.ne.jp/~joker13/  (archive)   作者:月詠
月姫&歌月十夜>バトル | 短編読切 遠野志貴 シオン

今更ながらのメルブラSSです。

しかも戦闘SS。
かなり冒険作品です。





分かってる。

ああ分かってるさ。

けど、これは。


頭で理解していても。
心が、魂がどうしても揺れてしまう。


これが、俺の罪、か。


心の奥底に潜んでいる、恐怖の具現。


その、形をした罪がゆっくりと俺の方を振り向く。







・・・・・・・・又俺は、罪を罪で重ねないといけないのか・・・・・・・

好きだから―― (3418) (03-03-22 13:08)

_http://coop-albatross.info/moongazer/  (archive)   作者:大崎瑞香
月姫&歌月十夜>恋愛 | 18禁 遠野志貴 シオン

シオン18禁企画『裏紫苑祭』参加作品

皆が寝静まった深夜の遠野家の廊下を、一人シオンは歩く。彼女の足が向かうのは遠野志貴の寝室、そして彼女の思考に去来するのは――シオンは想う、まるで夢遊病患者のようだ、と……。

【脱俗バリカニウム】 (4796) (03-03-21 09:51)

_http://www.geocities.co.jp/Playtown-Toys/2163/  (archive)  (geolog) 作者:おもと
月姫&歌月十夜>ギャグ | 遠野志貴 遠野秋葉

【内容】
美容師さんが休みになったことから、志貴は秋葉の髪を切ることになるが、もちろん「ちょきちょきはい終わり、わー兄さんすごーい、いやいや秋葉のためならなんのその、ラヴラヴ」ってな話にはならないのが、世の常でして。

久しぶりのまともなSSです。
3月15日−第一回
3月17日−第二回
3月19日−第三回
3月21日−最終回

【注意】
完結しました。

【場所】
「小説」のページにまとめて置いてあります。

届け、この想い (4397) (03-03-20 15:51)

_http://www5f.biglobe.ne.jp/~joker13/  (archive)   作者:月詠
月姫&歌月十夜>ギャグ | 黒桐幹也 黒桐鮮花 浅上藤乃

遅れに遅れてしまいましたが。

ホワイトデーSSです。

突然の電話。
あの場所で待ってる。

そう言われて私は一人そこで待ってる。

只あの人を、待ってる。

でもそこにはそれを快く思わない人が当然いて。

甘々で、ドタバタです。
お気楽にお読み下さい。

待ち合わせの付き物 (3767) (03-03-19 15:57)

_http://www5d.biglobe.ne.jp/~sini/  (archive)   作者:のち
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 月姫全般

「で、どういうことですか?」
「それはこっちの台詞よ」
「ええ、ですがあなたに対してもですけどね」
「……」
「あは〜、志貴さん極悪ですね〜」
「……」(コクコク)
「志貴はどういうつもりだったのだ?」

 上からシエル、アルクェイド、秋葉、翡翠、琥珀、レン、シオン。
 どーやら相手は全員、志貴らしい。
 さすが、希代の女ったらし。
 とはいえ、さすがにセブンブッキングなどという命知らずな真似はしないは
ず―――



 西奏亭への頂き物です。
 一堂に会した黙って立っていれば……、の面々。
 待ち受けるは、もちろん志貴。
 さて?

男として (2026) (03-03-17 01:47)

_http://adventurers-guild-japan.f-o-r.net/  (archive)   作者:西紀貫之
月姫&歌月十夜>ギャグ | 遠野志貴 シエル先輩

 シリアスです……いや、ほんとに。笑い話といえば笑い話でギャグですが、どうも私には笑えないような切ないような、そんな感じです。
 いや、まぁ、ギャグなんですが!(笑)
 おそらく七割の人は笑えないでしょう。というか苦笑かも。うう。
 笑える三割の人は幸せ者です……おそらく(笑)。

その想いを、カタチに添えて (2248) (03-03-16 12:52)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:須啓
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 両儀式

空の境界ホワイトデーSSです。
・・・ま、間に合いませんでした(汗。

いつもの面々に、お返しを配って歩く幹也君の一日です。

――――――――――――――――――――――――――
「あ、いや、違うよ。
 えーと、その・・・はい、式」
収まらない動揺を、押し隠しつつ僕は、カバンから小箱を一つ取り出して彼女に差し出した。
白い、長方形の小箱。

これは?、と眼で問う彼女に、咳払いを1つしてから僕は答えた。
「バレンタインのお返し。
 ・・・今日はホワイトデーだから」
そうして、僕はそれを彼女の手に、そっと乗せた。

あまり、驚いた様子は無い。
でも、彼女の頬が朱に染まっているのは、多分、きっと夕日の所為じゃない。

プレゼント (1851) (03-03-16 12:50)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:瑞香
月姫&歌月十夜>ほのぼの | 黒桐幹也 蒼崎橙子 秋巳大輔

空の境界ホワイトデーSSです。
瑞香さまからご寄稿いただきました。

・・・ホワイトデーに掲載が間に合わなかったのは、
ひとえに須啓の所為なのです(謝。

―――――――――――――――――――――――――――――
「……これってホワイト・デーのお返しなんじゃないですか?」
「君もそう思う?」


 そういって橙子さんは珈琲を飲む。その綺麗な朱色の唇にカップにふれて、口紅がかすかに残る。


「でもね、幹也君」
「はい、なんですか?」
「わたし――渡してないのよ」

傷んだ傷 外伝 「がらんどう」 (708) (03-03-16 12:47)

_http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/7902/  (archive)  (geolog) 作者:瑞香
月姫&歌月十夜>シリアス | 蒼崎橙子

第四回TYPE-MOONキャラ人気投票への応援物としてご投稿されていたものを
瑞香さまからお預かりしました。
加筆・修正されておられますので、既読の方も是非。

――――――――――――――――――――――――――――
 わたしは橙子。けっして青子などではなく――けっして。
 けっして――――などではない。
 蒼崎の魔法のための使い捨てのものなどではない。

 ―――――――――――――――――――――けっして。

 だからわたしはここで伽藍の洞という工房を開く。
 蒼崎ではない橙子が、橙子として何かを得るために。

口は災いの元 (2528) (03-03-16 11:48)

_http://www5f.biglobe.ne.jp/~joker13/  (archive)   作者:月詠
月姫&歌月十夜>ギャグ | 短編読切 遠野家

おや?


キッチンからハミングが聞こえる。



ああ
琥珀さんか。

もう今から夕食の仕込をしてるんだ。
何時もの事だけど、毎回有り難う御座います。



本当。
この家の食を一手に担って貰ってて。
頭が下がります。

久し振りのSSです。
又もやぶっ壊れSSです。
お気楽にお読み下さい。

最期 (1951) (03-03-16 08:37)

_http://la-noa.hp.infoseek.co.jp  (archive)   作者:片月真夜
月姫&歌月十夜>その他 | 短編読切 遠野志貴

聴いていた曲に会わせて書いたモノですから・・・続きませんよ?多分。

10年後―――俺は生きているのだろうか
10年後―――アルクェイドは何をしているのだろうか
10年後―――レンは何をしているのだろうか
10年後―――先輩は何をしているのだろうか
10年後―――秋葉は何をしているのだろうか
10年後―――琥珀さんは何をしているのだろうか
10年後―――翡翠は何をしているのだろうか
10年後―――生きているとすれば俺は何をしているのだろうか・・・

水軍特務陸兵隊<花月> (993) (03-03-16 05:40)

_http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Brush/1287/  (archive)  (geolog) 作者:フランク疾風
月姫&歌月十夜>ギャグ | 月姫全般

私の書いた長編SS『カノ国の守護者』の外伝です。
火葬戦記(汗)みたいなお話になっています。

「秋葉様が軍隊に?」
「ええ、そうよ。もちろん兄さんもね」
「志貴さんに選択肢はないのですね?」
「ええ、すでに決定事項です」
秋葉の命により水軍特務陸兵隊<花月>が編成される。
そして志貴たちは戦いに身を投じる・・・・・